保健医療学部
リハビリテーション学科

定員120人
(理学療法学専攻 80人/作業療法学専攻 40人)

保健医療学部 リハビリテーション学科

HOME保健医療学部リハビリテーション学科 > 専攻長からのメッセージ

理学療法学専攻
専攻長からのメッセージ

リハビリテーション学科 理学療法学専攻長 佐藤 秀紀

リハビリテーション学科 理学療法学専攻長 佐藤 秀紀

自立心と教養を身につけた臨床現場での即戦力育成を目指します

リハビリテーション学科 理学療法学専攻長

佐藤 秀紀

理学療法士は、身体に障がいのある人を対象に、失われた運動機能を回復するための治療・支援を行う専門職です。本専攻は設置されて5年目ですが、前身の専門学校の実績を引き継ぎ、8年連続で理学療法士国家試験合格率100%という驚くべき実績を達成しました。本専攻は現場経験豊富な熱意ある教員スタッフの下で、セラピストとしての知識や技術はもちろんのこと、自立心と教養を身につけた臨床現場での即戦力養成を目指しています。本学の母体である学校法人つしま記念学園は、1994年の創立当時から「保健・医療・福祉の統合」を目指した教育に取り組んできました。このようなバックグラウンドのもとで、人のこころの痛みが分かり、思いやりをもち、自らも成長するセラピストを目指して4年間の大学生活を送ります。