保健医療学部
リハビリテーション学科

定員120人
(理学療法学専攻 80人/作業療法学専攻 40人)

保健医療学部 リハビリテーション学科

HOME保健医療学部リハビリテーション学科 > 4年間の流れ(理学療法専攻)

理学療法学専攻
4年間の流れ

1年次

医療人としての基盤、セラピストとしての基礎をつくる

科学的思考力、人間観を養う基礎教育科目を多く配置し、医療人としての基盤をつくります。また理学療法学の専門基礎教育科目、専門教育科目の一部を先取りしてこの年次に開講し、理学療法士になる自覚と学びのモチベーションを高めています。

学生からのメッセージ

高い国家試験合格率と
サポートが魅力で選びました
国家試験対策が充実しており、高い合格率が魅力で本学を選びました。グループ学習では、仲間とコミュニケーションを取りながら、問題解決に努めることの大切さを学び、チューター制度では、先輩、後輩の結びつきが強くなり、いろいろな考え方を共有できます。親切丁寧に教えてくれる先生方はじめ、大学事務職員の皆さんの手厚いサポートのおかげで充実した学生生活を送っています。学年が上がるにつれて、専門性の高い学習を行うようになるので、意欲的に学習に励み、基礎的な知識を定着できるようにしていきたいと思っています。

須藤 大智さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 1年
須藤 大智 さん
(旭川永嶺高校出身)

Timetable
1年次時間割(例)

1年次時間割(例)

解剖学演習

書物や映像では得られない情報を体得し、人体の構造を三次元的に理解する。

倫理学

医療人としての倫理観を持ち育てていくために必要な知識・視点・方法を身に付けるため、「命の倫理観」に対する歴史的背景や日常感覚との接点について学修する。

生理学

細胞・血液・循環・呼吸・消化と吸収・腎臓と排泄・酸-塩基平衡、筋の収縮・神経系・末梢神経系・中枢神経系・感覚・代謝と体温・運動生理学等を中心に学ぶ。

2年次

理学療法に不可欠な医学知識と技術を習得する

理学療法学はリハビリテーション諸領域の中でもっとも医学に近い領域です。この年次では人体の構造や生理機構、疾病と障がいの成り立ちといった基礎医学を集中的に学びます。また理学療法手技の基礎的トレーニングを行います。

学生からのメッセージ

本学の良いところは
学生と教員との距離が近いところです
姉は本学前身の日本福祉リハビリテーション学院で学び、理学療法士になりました。私はそんな姉に憧れて本学を選びました。本学の良いところは、他の大学よりも学生と教員との距離が近いところです。どんなことでもすぐに先生に相談できます。サークルやチューター制度など、先輩方と関わる機会も多くあり、テスト対策など学校生活のさまざまな面でお世話になります。しかし医療人として自主性は大切です。学友会や実習は自らの自主性を養う良いチャンスです。それらの経験から自主性を備えた医療人になるために努力していきます。

千谷 卓充さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 2年
千谷 卓充 さん
(北見柏陽高校出身)

Timetable
2年次時間割(例)

2年次時間割(例)

※2年次後期に臨床実習Ⅰ[理学療法](45時間)

運動学

関節の運動や体幹、上肢、下肢の運動を動作という見地から総合的に解析する。

整形外科学

理学療法士として必要な整形外科学の基礎知識を画像診断などを交えながら各疾患全体を理解することによって、リハビリテーションとの関連を学ぶ。

理学療法評価学

患者の全身状態を正確に把握するため、疾患ごとに収集すべき情報と行うべき検査を理解する。

3年次

実習や演習を通して理学療法の領域を幅広く体得する

本格的な理学療法士としてのトレーニングが始まります。身体障害、神経障害、呼吸器・循環器障害など障がいごとのリハビリテーション法や義肢装具、物理療法など、理学療法の諸領域、技術を広く学びます。後期からは病院や福祉施設での実習も始まります。

学生からのメッセージ

大切なのは将来なりたい自分を想像して
最善な行動をすること
学業に専念できる環境があり、楽しく過ごせているので、入学して良かったと感じています。初めての大学生活には不安がつきものですが、本学は先輩後輩の交流が盛んなので、困ったことがあれば、先輩や先生が皆さんの力になってくれます。大学は高校と違って自らの学びたいことをとことん学ぶことができるので、将来なりたい自分を想像して目標を設定し、そのためにどうしていくことが最善なのかを考えて行動していくことが大切だと思います。やりたいことに積極的に挑戦し、いろんなことを経験していくことで、いつか自らの力になります。

早田 脩二さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 3年
早田 脩二 さん
(岩見沢緑陵高校出身)

Timetable
3年次時間割(例)

3年次時間割(例)

※3年次後期に臨床実習Ⅱ[理学療法](135時間)

チーム医療論

各専門職への理解を深めるとともに、パートナーシップを形成する上での基本的態度を学び、協働について、理学療法士としての自己課題を明確にすることを目的とする。

運動器障害理学療法学

骨折、変形性関節症の理学療法学、肩関節・頚部・腰部の障害、関節リウマチの理学療法学について学ぶ。

超音波検査学

循環・呼吸に関する知識を整理し、個々の評価・治療に必要な基本的技術について学修する。

4年次

チーム医療の一員として病院施設で患者さんを担当する

これまで習得した知識を統合し、理学療法士として活躍するイメージを形づくる年次です。実習では病院や施設でチームの一員として患者さんや利用者に関わります。また卒業に向けた準備として国家試験対策と不得意分野の克服を行います。

学生からのメッセージ

4年間をともに過ごす仲間の輪を
大切にしてほしい
大学では、高校とは違い、自ら講義を選べます。選択科目が豊富なため、興味を持ったものを自由に学べます。多くの専門科目があるため、在学中に自身の興味がある専門分野を絞り、自らがどのような理学療法士になりたいかを再確認することができます。4年間の勉強も大事ですが、先生や学生とのつながりもとても大切だと感じます。4年間ともに学ぶ仲間がいる。仲間がいるからつらい勉強も乗り越えられると思います。わからないことや不安なことがあれば、先生に相談することで不安も解消できます。入学したら、この仲間の輪を大切にしてほしいです。

加藤 彩

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 4年
加藤 彩 さん
(北星学園女子高校出身)

Timetable
4年次時間割(例)

4年次時間割(例)

※4年次前期に臨床実習Ⅲ[理学療法](720時間)

リハビリテーション管理学

リハビリテーション専門職としての基礎となる生命倫理および職業倫理を学ぶとともに、職場の管理業務に必要な管理学としての基礎知識と実践について学修する。

卒業研究Ⅱ

研究手法を身に付け、リハビリテーションに関わる種々の問題を解決する能力、また論理的思考に基づいたリハビリテーションを展開する能力を養う。

臨床実習Ⅲ

実習施設で臨床実習指導者のもと多職種と連携しながら対象者を担当し、評価、計画立案から実施までの一連の過程を実施・体験する。