学校案内

ホーム > 学校案内 > あいさつ

あいさつ

熱意を持った学生の入学を待っています。

学校法人日本医療大学理事長
つしま医療福祉グループ代表

対馬 徳昭

学校法人日本医療大学は、日本では例のない福祉と医療の現場から誕生した教育機関です。(学校法人が帰属する)つしま医療福祉グループは、全国で84ヵ所の福祉と医療の事業所を持つ社会福祉法人ノテ福祉会を主軸とした、9法人から形成されています。そして、日本福祉学院日本語学科は、日本医療大学の保健医療学部と医療福祉学部(2020年3月認可申請予定)及び専門学校日本福祉学院介護福祉学科に進学することを目的とした学科です。日本語能力試験N2~N1の取得に加えて、日本医療大学受験のために必要な受験科目(英語、数学、理科)の勉強をします。日本語学科の経験豊富で熱意ある専任教員と共に、日本医療大学の教授を始めとした先生たちがあなた達の勉強と進学をサポートします。そして9法人でのアルバイトの紹介や、2タイプの寮の完備といった生活面においても、サポートを整えています。このように、我々は皆さんの将来に直結する環境を整えて、熱意を持った学生の入学を待っています。

勉学に励みつつ札幌で
よい経験を積んでくれることを願っています。

専門学校日本福祉学院学院長

対馬 輝美

札幌は人口約200万人、ソウルから2時間半、東京からは1時間半と、利便性に優れながらも都市機能と四季折々の豊かな自然がバランス良く調和し、日本人にとっても「住んでみたい街」「訪れてみたい街」の常に上位にランクされています。毎年多くの外国人が、近年はアジアから、観光に訪れ、留学生も年々増加しています。カニ、寿司、乳製品など、美味しい物がたくさんあり、日本の他の地方より廉価です。毎日の生活に欠かせない野菜が美味しいのも、親元を離れて生活する留学生にとってありがたいことではないでしょうか。サッカーのワールドカップも開催されました。このように自然・食・文化・スポーツと魅力いっぱいの札幌、せっかくの留学の機会ですから、勉学に励みつつ札幌の魅力を堪能してよい経験を積んでくれることを願っています。