お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > ゼミ活動紹介

リハビリテーション学科

ゼミ活動紹介

 リハビリテーション学科では3年生になると、ゼミ活動が始まります。
 ゼミとは担当教員のもと、少人数の学生で特定の分野、テーマについて文献抄読、プレゼンテーション、討論を行うものです。主に卒業研究をする時間となります。私のゼミ生は4年生4名、3年生5名となります。4年生はすでに卒業研究を終えており、3年生が現在卒業研究のデータを取っている状況です。
 私のゼミ生の卒業研究テーマは、4年生が「インサイドキックにおける経験者と未経験者の動作と下肢筋活動の違い」、「縦型手すり把持装置の高さが立ち上がり動作の重心動揺に与える影響」です。3年生は「「ゾーンに入る」とは? ―身体的・精神的にどのような影響を及ぼすのか―」と「筋線維タイプ別筋疲労の回復効果」です。主にスポーツ、運動器系の研究を行っていて、筋電計、重心動揺計などの機器を使って計測することが多いです。
 ゼミ活動は研究活動が中心ですが、研究の合間にはゼミ生で食事に行ったりと楽しく活動しています。

(理学療法学専攻 向井 康詞) %e7%ad%8b%e7%96%b2%e5%8a%b4%e6%99%82%e3%81%ae%e7%ad%8b%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e5%bd%a2%e3%82%92%e8%a8%88%e6%b8%ac%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d %e3%81%82%e3%82%8b%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%82%bc%e3%83%9f%e9%a2%a8%e6%99%af%ef%bc%9a%e6%96%87%e7%8c%ae%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d