お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 訪問看護ステーション、デイサービスセンターへリハビリテーション支援に行っています!

リハビリテーション学科

訪問看護ステーション、デイサービスセンターへリハビリテーション支援に行っています!

リハビリテーション支援のため、道南、乙部町を訪問しています。
訪問看護ステーション ノテ乙部、乙部町デイサービスセンターでは、利用者の方に積極的にリハビリテーション支援も行おうとされていますが、リハビリテーション専門職が勤務していないため、どのようなことができるのかわからないということで、リハビリテーション指導のために2~3ヶ月に一度訪れています。
利用者の方の機能や動作・生活レベルを維持するために実施した方が良いことで、リハビリテーション専門職ではない職員でも実施できる内容をお伝えしています。理学療法士としては常駐できるわけではないので、専門的な技術を直接利用者の方に提供する方法では一時的なアプローチにとどまってしまいます。それよりも、理学療法またはリハビリテーションの考え方や継続して実施できることを伝達し、専門職がいない間でも実施していただける内容をお伝えするようにしています。
実際に私の訪問後、職員の方で利用者さんに練習を継続して行っていただくことで、次回の訪問時に効果が確認できていることが多く、継続することや地元の方の力の大きさを感じています。
今後も専門職のいない地域への支援を続けていきたいと思います。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻 助教 木原由里子img_0899 img_0902