お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 実技試験の紹介(MMT)

リハビリテーション学科

実技試験の紹介(MMT)

 img_0627 

 

img_0628

 リハビリテーションは知識も大事ですが、患者さんの治療も行うため、技術も必要になります。2年生になると両専攻とも知識だけではなく、技術も習得していくことになります。

 2年生では、患者さんの今の状態を把握するための「評価学」を学修します。その中で、様々な検査測定手技を習得していくことになります。

 もちろん習いっぱなしではなく、習得できたかどうかの見極めが必要になります。それが「実技試験」というものになります。

 紙の答案用紙に記入するのではなく、手技が出来るかどうかを判断される試験になります。中学・高校では体育などでこのような試験があるかもしれません。それと同じような感じです。

 今回は紹介するのは理学療法学専攻のMMT(徒手筋力検査法)の実技試験です。MMTというのは患者さんの筋力を自分の手を使って判断するものです。

 筋力を測定するには、ただ手技を学ぶだけでなく、その筋肉が体の中でどの位置にあって、どのような神経によって動かされているかという知識も必要になります。

 講義時間だけでは足りず、試験の前は連日遅くまで学校に残って練習しています。この試験を通過して臨床実習に出ていくことになります。

 (理学療法専攻 向井 康詞)