お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 切り絵で校舎を暖かく

切り絵で校舎を暖かく

 本学は“アンデルセン福祉村”にあります。“アンデルセン福祉村”は、ノーマライゼーション発祥の地・デンマークから学んだ理念を実現するため、高齢者施設、大学、障害者事業所などで形成されたコミュニティで、デンマーク出身の童話作家・アンデルセンにちなんで付けられました。

 そこでこの度、寒くて暗い冬の日々を、暖かくて明るいものにしようと、アンデルセン童話「醜いアヒルの子」「赤い靴」「人魚姫」「親指姫」をモチーフにした切り絵を職員が製作。真栄キャンパスの校舎の窓に張り付け、昼夜ともに見る者の心を和ませてくれています。どうぞ一度見に来てみませんか!!

%ef%bd%94

img_4374

img_4376

%ef%bd%8a