お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 臨床実習から帰ってきた専門学校の4年生を見て思うこと

リハビリテーション学科

臨床実習から帰ってきた専門学校の4年生を見て思うこと

今年度も早いもので3カ月が経過しました。本学の前身である日本福祉リハビリテーション学院の最終学年である4年生が1期目の2カ月間の実習から帰ってきました。1クラス分、さらに最上級生がいると学校の雰囲気も全く異なります。帰ってきた4年生から大学1期生は、多くのことを吸収してもらいたいと願うばかりです。また、教員もこれまでの伝統を引き継ぎながら、より現代に合った形の実習、学習者が自ら行動していく実習を模索しなくてはならないと感じているところです。

(作業療法学専攻 岸上博俊)