お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 2月13日(月)AIR’G FM北海道ラジオに出演しました。

2月13日(月)AIR’G FM北海道ラジオに出演しました。

 日本医療大学は2月13日(月)20:30頃から、AIR’G FM北海道ラジオ「GTR(じーてぃーあ~る)」に出演しました。1月9日(月・祝)に続く2回目で、今回は、社会的に注目を集めているリハビリテーション専門職「作業療法士」について、本学リハビリテーション学科 作業療法学専攻の大堀具視 准教授が紹介しました。

 ラジオの中で大堀 准教授は「困っている人たちを助けたいと思う若い人は多いと思う。それを特に医療的な視点から、生活面でサポートできるのが作業療法士」と紹介。「自分の力でトイレに行けるように、ご飯が食べられるように、車の運転ができるように、環境の整備や必要な器具を使いながら、一人ひとりの状況にあわせてサポートする大切な職種」とつづけて紹介しました。
 最後に、医師の指示は必要と前置きしながらも「リハビリプランを自分で考え、実践し、患者さんとともにやりがいを実感できる仕事。リハビリテーションという仕事をもっと知ってほしいし、本学で目指してほしい」と、リスナーにメッセージを送っていました。

img_8767作業療法の魅力について語る作業療法学専攻 大堀具視 准教授(写真左)とパーソナリティのDJ龍太さん(写真右)