お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 【北海道新聞】医療看護6大学と協定 ~市、災害時に学生の派遣要請~

【北海道新聞】医療看護6大学と協定 ~市、災害時に学生の派遣要請~

 日本医療大学は12月16日(金)、札幌市と「福祉避難場所等への学生等ボランティアの派遣協力に関する協定」を結びました。同協定は、大規模な地震や風水害等の自然災害時が発生した場合に学生ボランティアを派遣するというもの。本学を含む、札幌市内で医療・看護系学部を開設している6大学が同協定を結びました。
 調印式には、本学から傳野隆一 学長が参加。挨拶に立った傳野学長は「年に1回、各大学の学生らが一堂に会して絆を深めることができれば、万一の時、実践的に活動できると思う」と今後の運用について提案しました。

 なお、このもようは2016年12月16日(金)付の北海道新聞 朝刊28面「医療看護6大学と協定」で紹介されました。(事務局 小川)

2016-12-19%e6%9c%9d%e5%88%8a28%e9%9d%a2%e3%80%8c%e5%8c%bb%e7%99%82%e7%9c%8b%e8%ad%b76%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%a8%e5%8d%94%e5%ae%9a%e3%80%8d

◇北海道新聞 2016年12月16日(金)付 朝刊28面◇
[北海道新聞社許諾D1612-1706-00012175]