お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 1年生が患者さん

リハビリテーション学科

1年生が患者さん

 2年生で履修する理学療法評価学では、1年生を患者さんに見立てて、自分たちが修得した技術を確認しています。

1年生も専門科目をある程度習ってきているので、専門用語も伝わるのですが、この日は患者さんとして先輩を観察しています。2年生も後輩が相手だからといって気が抜けません。真剣に取り組んでいる様子が伝わるかと思います。

この日はMMT(徒手筋力検査)といって、自分の手を使って患者さんの筋力を測定する検査を行っています。まだまだぎこちないですが、2月には臨床実習があるので、今から練習を重ねて技術を磨いてほしいなと思います。

 

1年生を相手にして検査の練習を行っている2年生の様子
1年生を相手にして検査の練習を行っている2年生の様子

                        (理学療法学専攻 向井康詞)