お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 学食特集「今、ザンギが熱い!」

学食特集「今、ザンギが熱い!」

img_5518

 毎朝、食堂の近くを通ると油で揚げた香ばしい匂いが漂ってくる ― その正体は、揚げたてのザンギだ。
 今年4月、学生食堂メニューが全面リニューアル。その中でも特にザンギが学生たちの人気を集めている。今回はそんなザンギの人気の秘密について、本学の学生食堂を統括している株式会社ヘルスケアフーズの窪之内達也 統括責任者に話を聞いた。(事務局 小川)

■■■

― ズバリ、ザンギは人気ですか?
(窪)そうですね。4月のリニューアル以降、徐々に人気が上がって、以前と比較して2㎏は多く準備しています。

― 私も食べていますが、前に比べてサイズが大きく、衣もおいしいです!
(窪)ありがとうございます。以前は、効率化や提供時間をできるだけ早くするために、作り置きをしていましたが、今はできるだけ揚げたてを提供できるように準備しています。

― 何か、これまでと変えるキッカケはあったんですか?
(窪)はい。4月に学食メニューの全面リニューアルがありまして、そのときに対馬理事長から「学生のために美味しいものを、作り立てで提供してほしい」と。そこで、これまでの方法を見直し、価格も150円から100円に値下げしました。

― そうなんですね。おいしくなって、価格も安くなるのはうれしいですね。ザンギのおいしいポイントってあるんですか?
(窪)ザンギについては調理方法を少し変えました。カリッと揚がるように衣を改良して、隠し味も少々。

― 隠し味…気になりますね。
(窪)衣に“一味”を入れました。油の衣は、どうしても脂っぽくなってしまうんですが、一味の辛さでさっぱり食べられるようになるんです。

― それは気づきませんでした!最後に、今後の抱負などあれば聞かせてください。
(窪)季節に応じて四季折々の新商品をメニューとして提供できればと思います。

― それは楽しみです!ありがとうございました。
(窪)ありがとうございました。

【本学志望者のみなさんへ】
本学のザンギは、オープンキャンパス ランチでも人気の一品!
ぜひ、次回のオープンキャンパスにお越しの際は食べてみてください。

■■■

【今回の対談者】
 株式会社ヘルスケアフーズ
  統括責任者 窪之内達也
 調理師として25年間、主に和食をベースに活躍。現在は日本医療大学の学生食堂のメニュー全般について担当しているほか、つしま医療福祉グループの食事全般についても担当している。

img_5565統括責任者の窪之内さんと真栄キャンパスの食堂スタッフの皆さん