お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 3年次「看護学実習(病院実習)」の紹介

看護学科

3年次「看護学実習(病院実習)」の紹介

 看護学科3年次の「看護学実習(病院実習)」について紹介します。
 本学の看護学実習は2年次前期「基礎看護学実習Ⅰ」(1週間)からはじまります。後期には「基礎看護学実習Ⅱ」(2週間)があり、これらの実習を通して、病院での看護の役割・機能を学びます。

 3年次後期の「看護学実習(病院実習)」では、「成人看護学実習Ⅰ」(4週間)、「精神看護学実習」(2週間)、「老年看護学実習Ⅰ」(2週間)があり、合計で2ヵ月程度のはじめての長期実習を行います(本年度は10月11日(火)~12月2日(金)まで)。実際の看護現場において、これまで学んできた専門的知識・技術を活用し、患者さんのために看護を実践することとなります。

 病院実習の前にはマナー講座を開講し、医療現場のコミュニケーションについて、具体的な表情や挨拶の仕方などを実践的に学びました。長期間大学を離れ、病院実習を行うということでひとり一人の学生がいつも以上に真剣に取り組んでいたい様子が印象的でした。
 
 実習期間も残り1週間程度となりましたが、体調管理に気をつけて、最後までがんばってください。(事務局 小川)

IMG_2314マナー講座の様子①

IMG_2317マナー講座の様子②

IMG_1782(名前削除)
イメージ写真(学内の演習風景です)