お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 5月12日(木)看護の日

看護学科

5月12日(木)看護の日

 毎年5月12日は看護の日です。

 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲール(以下、ナイチンゲール)の誕生日にちなんで、1965年から国際看護師協会(本部:ジュネーブ)はこの日を「国際看護師の日」と定めています。

 日本医療大学ではこの日にあわせて、ナイチンゲール像が展示されている玄関ホールで学内イベントを開催しました。
 1年生の専門教育科目「看護学概論」の中で、ナイチンゲール「看護覚え書」を読んで実施したレポートを展示したほか、お昼の時間には看護学科の有志の先生方で「Cafe Florence」を開店。学生らにコーヒー・紅茶や茶菓子などを振る舞いました。

 同企画を中心となって開催した看護学科 畑瀬智恵美 教授は「1年生は大学生活がスタートしたばかり、2・3年生はこれから実習がスタートしていくなど看護学についての学びを深めていきます。このような企画を通して、モチベーションを持続・向上してくれれば」などと話しています。(事務局 小川)

IMG_5326ナイチンゲールの写真や書物

IMG_5329ナイチンゲール「看護覚え書」を読んで実施したレポートの展示

IMG_5502「Cafe Florence」開店

IMG_5439コーヒー・紅茶は淹れ立て

IMG_5443一時、学生たちが長蛇の列をつくる場面も

IMG_5494グループで保有しているロボット「Pepper」も参加

IMG_5482参加した学生たち①

IMG_5479参加した学生たち②