学科長からのメッセージ

人の健康を守るプロフェッショナルを目指して一緒に学びましょう

看護学科長 教授
吉野 淳一

看護学科に入学すると、最初の1年は人間や日々の生活を理解するための基礎教育科目を学びます。加えて、病気や健康、社会の仕組みや健康支援について知る専門基礎教育や看護の基本を学ぶ専門教育科目もあります。2年に進むと実際に臨床に行く基礎看護学の実習が待っています。3年次・4年次にはどんどん専門教育科目が増えて実習も増えていきます。学生は、年次の進行にそって大学や臨床で学びながら、看護師という人の健康を守る専門職(プロフェッショナル)になるのだという自覚が養われていきます。専門職になる道は平坦ではありませんが、もちろん私たちが全力サポートします。日本医療大学で一緒に看護学を学びましょう。

PAGE TOP