キャリア学修支援センター

国家試験合格から就職実現へ幅広いキャリア支援

キャリア学修支援センターは、学生の夢や希望を実現するために、就職活動への支援、国家試験合格への支援、さらに社会的・職業的自立への支援を行います。
具体的には、

  1. キャリア学修支援システム構築のための情報収集と発信
  2. キャリア学修に関するセミナーやイベントの企画、開催、運営
  3. キャリアパスノートの作成支援
  4. キャリアパス相談
  5. リメディアル教育※

などを行っています。
2017年のキャリア学修支援センター設置によって、
これまでの就職支援に加え、国家試験対策支援を含む、
より幅の広いキャリア教育を行っています。
※基礎学力を補うために行われる補習教育。

キャリア教育支援

専門教育のベースとなる基礎的・汎用的能力を育てる
キャリア教育とは、専門教育のベースとなる社会的・職業的自立に向けた基盤となる能力、基礎的・汎用的能力を育てることです。特に医療専門職に必要な基礎学力と高校で修得した学力との不適合解消が求められています。このため入学直後には、「自己診断テスト」を実施し、数学や国語などの基礎学力を確認するとともに、専門科目受講に対する「心の準備」状況を確認しています。準備不足の学生に対しては、「基礎講座」という課外授業によって基礎の固め直しを行っています。

就職活動支援

医療職である専門員、全教職員が就職活動をサポート
本学の就職活動支援の特徴は、キャリア学修支援センターの専門員が就職相談の窓口となっているところです。専門員はそれぞれ看護師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師であり、その領域の業界動向に明るく、現場のネットワークを広く有しています。このことは就職活動に重要な情報収集などに大変有利です。さらに、キャリア教育研修と連動した就職活動セミナーなどを展開し、学科教員・事務部門とも協業しながら、教職員全員で学生の就職活動をサポートします。

医療専門職の価値を見いだすことは大切なキャリア学修です。

キャリア学修支援 センター長 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻長 教授 大堀 具視

キャリアとは、自分の価値と担っている役割の関係性を探し出していくことです。対象者の痛みや人生を受け入れ、医療・福祉の専門職として働くことの意味や価値を、学生時代に見いだすことは大切なキャリア学修です。単位を取得し国家試験に合格すれば、バラ色の人生が待っているわけではありません。講義以外に多くの情報に触れること、経験を積むことで、社会に必要とされる医療人として育まれるのです。キャリア学修支援センターでは1年次から4年次まで、さまざまなキャリア教育研修プログラムを用意し、学生がキャリアアップに関心を持ち、行動するよう促します。
これからの医療界は、専門看護師、専門理学療法士、専門作業療法士、放射線治療専門放射線技師など、よりキャリアアップされた人材が重用されていきます。そのため国家試験合格はもちろんのこと、希望する医療機関・施設に就職できるかが大きな関門となってきます。本学キャリア学修支援センターは、それぞれの職種の有資格者である専門員が常駐し、学科教員と連携しつつ、きめ細やかな国家試験、および就職対策を行っていきます。

PAGE TOP