大学案内
チーム医療を学ぶ

大学案内

HOME大学案内 > チーム医療を学ぶ

チーム医療を学ぶ

医療現場で必要な
コミュニケーションスキルが身につく

異なった専門性を持つそれぞれの分野の専門職が知識と経験を持ち寄り、連携から最良の結果を求めるのが現代の医療・福祉です。
チームの一員として医療をリードするグループワークスキルとコミュニケーション能力の養成に力を入れています。

看護学科3年
長谷川 瑠奈さん
(札幌啓北商業高校出身)
 看護師は他職種と患者さんの橋渡しを行う重要な役割です。日本医療大学では看護師の視点だけではなく、他職種の視点も学ぶことができます。
診療放射線学科3年
樋口 裕太さん
(札幌啓成高校出身)
 「早期発見」は、診療放射線技師の力にかかっています。医師が早期治療をできるように、病気の原因がはっきりわかる見やすい写真を撮ってサポートしたいと思います。
リハビリテーション学科
理学療法学専攻3年
竹原 大志さん
(札幌開成高校出身)
 1人の患者さんの未来のために、他職種が集まってチームが生まれます。そして各職種がそれぞれの専門性を発揮することで、より質の高い医療を提供することができます。
リハビリテーション学科
作業療法学専攻2年
高桑 葉子さん
(札幌山の手高校出身)
 「再び人間らしく生きる」を目指すリハビリテーションで大事なことは、患者さんの人生観を尊重することです。そのためには患者さん、医療職同士のコミュニケーションが大事です。

公開講座『医療系大学における専門職連携教育について』開催

日本医療大学公開講座「医療系大学における専門職連携教育について」を開催。公立大学法人埼玉県立大学三浦宜彦学長による講演で、日本の医療専門職育成の現状の紹介や埼玉県立大学で実際に展開されている専門職連携教育(IPE)について紹介されました。このような学生のグループワークスキル向上につながる機会を多く設け、チーム医療の考え方や必要なスキルを身に付けていきます。

専門基礎教育科目「チーム医療」

専門課程の実習では、実習生にチーム医療の一員として役割を果たすことを求めています。このため専門基礎教育科目で「チーム医療」を開講しています。各専門職へのインタビューなどで、それぞれの役割や責務、医療従事者同士の連携・協働、パートナーシップを形成する上での基本的態度を学び、チーム医療の理念を実現するための基礎的な能力を習得します。

到達目標

  • 【1】チーム医療の概念・意義を理解できる。
  • 【2】チーム構成員が担う役割・機能を学び、チーム医療におけるそれぞれの役割・機能について説明することができる。
  • 【3】チーム構成員同士のあるべき連携・協働について説明できる。
  • 【4】チーム医療で必要とされる基本的態度を説明できる。