大学案内
充実の関連施設

大学案内

HOME大学案内 > 充実の関連施設

充実の関連施設

医療と福祉の現場と、教育が一体となった理想的な教育環境

真栄キャンパスの所在地であるアンデルセン福祉村では、つしま医療福祉グループの高齢者施設に居住・通所する高齢者と本学の学生が日常的に交流。また障がいを持った方が高齢者施設や学生食堂で提供する食事の調理などに従事するなど、それぞれが自立した生活を営むノーマライゼーションを実現しています。本学では身近なフィールドワークを通して、医師と看護師、リハビリテーション専門職、介護福祉士などの医療・福祉スタッフ、施設の利用者と関わることで生きた教育を提供しています。

充実の関連施設

  • 介護老人保健施設 げんきのでる里
    1介護老人保健施設
    げんきのでる里
    介護・看護・リハビリテーションなどのスペシャリストが常駐し、在宅復帰と在宅生活の継続のために活躍しています。
  • 介護老人保健施設 げんきのでる里 通所リハビリテーション
    2介護老人保健施設 げんきのでる里
    通所リハビリテーション
    リハビリテーションスタッフ(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士)が個別リハビリテーションの計画を立て、機能の維持・回復を手伝います。
  • コンビニマイド
    3コンビニマイド
    学生・高齢者施設の利用者・職員の皆さんに利用頂いている「コンビニマイド」です。日用品の他、オリジナル軽食もご用意しております。
  • 特別養護老人ホームふるさと・ケアハウス みやび
    4特別養護老人ホームふるさと・
    ケアハウス みやび
    天然温泉付のケアハウス。個室の他に、ご夫婦で入居できる夫婦室もあり。7階からは抜群の眺めです。
  • セントラルキッチン(就労継続支援A型事業所「なかま」真栄)
    5特別養護老人ホームふるさと
    訪問看護ステーション ノテ真栄
    「一人暮らしだけど大丈夫だろうか」などの不安を解消し、医療面や健康面の相談、療養の指導を行います。また在宅看護の実習を受け入れています。
  • グリル「妖精の丘」(就労継続支援A型事業所「なかま」真栄)
    6グリル「妖精の丘」
    (就労継続支援A型事業所「なかま」真栄)
    一般の方も利用できるレストランとして設立。障がいを持った方が調理補助として活躍しています。

現場からのメッセージ

普段のあたりまえに新しい発見が
きっとあります

私が勤める特別養護老人ホームふるさとは、特別養護老人ホームを「核」としたノテ地域包括ケア体制の清田区の法人事業所のバックアップ施設としての役割を担っています。施設入所の入居者のみならず、地域の高齢者や介護にかかわる方々の介護の拠点としても存在しています。そのために地域の医療機関やケアマネジャー、行政機関などとも協働して、住み慣れた地域で暮らすことができるように、生活を支えています。
作業療法士という仕事は、どのようなフィールドにおいても、その人なりのその人らしい生活を、誰もがしている「作業」を通じて獲得し、社会とつながることができるように支援する職業です。誰もが大切な作業を行い、より良い暮らしを営むために、環境を調整することも作業療法士の重要な役割となります。そのためには、施設の中に留まらず、広く地域にでていくことも必要になります。そして、「人」や「暮らし」に着目し、興味を持つことが大切だと思っています。「自分の暮らし、家族・地域社会」等、普段あたりまえなことすべてに目を向けてみてください。新しい発見もきっとあるでしょう。そして、それらの経験、大学で学修した専門知識・技術を更に活かし繋ぐことができるように、臨床の現場で一緒に考え、触れ合いながら、私自身感じている「作業療法の効果や魅力」を学生さんに伝えられるように心がけています。

新岡 美樹さん 社会福祉法人 ノテ福祉会
特別養護老人ホームふるさと
スヌーズレン開発推進室 室長
ノテ地域包括ケア総合相談センター
リハビリ担当
アンデルセン保育園 園長
新岡 美樹
(作業療法士)
(認知症介護指導者)

医療と福祉の現場をリードする
“つしま医療福祉グループ”の
圧倒的な総合力で、
学生の学びと将来をサポート

特別養護老人ホームを“核”とした「ノテ地域包括ケア」

  • 特別養護老人ホーム 幸栄の里

    第一地域本部(札幌市豊平区)
    特別養護老人ホーム 幸栄の里
  • 特別養護老人ホーム とよひらの里

    第二地域本部(札幌市豊平区・南区・中央区)
    特別養護老人ホーム とよひらの里

  • 特別養護老人ホーム ふるさと

    第三地域本部(札幌市清田区)
    特別養護老人ホーム ふるさと

  • 特別養護老人ホーム きくすいの里

    第四地域本部(札幌市白石区・東区)
    特別養護老人ホーム きくすいの里
  • 特別養護老人ホーム 新さっぽろの里

    第五地域本部(札幌市厚別区・清田区)
    特別養護老人ホーム 新さっぽろの里

介護老人保健施設や病院といった
「医療施設の充実」

  • 特別養護老人ホーム 新さっぽろの里

    介護老人保健施設 げんきのでる里
    (札幌市)
  • 介護老人保健施設 やるきになる里

    介護老人保健施設 やるきになる里
    (仙台市)
  • 介護老人保健施設 健寿苑

    介護老人保健施設 健寿苑
    (空知郡奈井江)
  • 医療法人社団 光進会

    医療法人社団 光進会 札幌月寒病院
    (札幌市)

    2018年8月より「つしま医療福祉グループ」の一員に加わりました。これにより、実習やチーム医療の教育が一層充実するとともに、医療と介護が一体的に提供できる組織としてグループの総力を挙げて地域の皆さまを支えます

札幌での経験を生かして全国へ広がる
「誰もが ごくふつうに くらせる
しあわせ」の創造

  • 特別養護老人ホーム とみざわの里(仙台市)

    特別養護老人ホーム とみざわの里
    (仙台市)
  • 複合型施設 「ノテ地域ケアセンター 深沢」

    複合型施設
    「ノテ地域ケアセンター 深沢」
    (東京都)
  • 北青山高齢者 在宅サービスセンター(東京都)

    北青山高齢者
    在宅サービスセンター
    (東京都)

その他の事業・高齢者住宅

  • 介護付有料老人ホーム「天」

    介護付有料老人ホーム「天」
    (札幌市)
  • グループホーム「ごきげん」真栄

    グループホーム「ごきげん」真栄
    (札幌市)

  • サービス付き高齢者向け住宅「ゆうゆうじてき」月寒公園

    サービス付き高齢者向け住宅
    「ゆうゆうじてき」月寒公園
    (札幌市)
つしま医療福祉グループの圧倒的な
総合力で、皆さんの将来を強力にサポート
本学の礎となるつしま医療福祉グループは、1983年5月「社会福祉法人 札幌栄寿会」(現 ノテ福祉会)の設立をスタートラインとして、その後、各種高齢者施設の設置・経営と21世紀に必要な医療・福祉の人材育成のため本学を設立するなど、これからの時代を見据えた「介護」と「医療・福祉の人材育成」を展望した新たな医療・福祉のネットワークを形成してきました。本学は医療・福祉分野において先駆的な取り組みを行ってきたグループならではの強みを存分に活かした“真の実学教育”をもって、社会に必要とされ世界で通用する医療・福祉の人材を育成します。
つしま医療福祉グループの中核を担う、
ノーマライゼーションの原点
社会福祉法人 ノテ福祉会
ノテ福祉会では、超高齢社会を迎えた日本の地域包括ケアモデルとして、多様なニーズを有する高齢者が暮らし慣れた地域で住み続けるための「ノテ地域包括ケア」を展開しています。1984年2月札幌市豊平区月寒に特別養護老人ホーム「幸栄の里」の開設に始まり2019年5月現在の事業所数は全87カ所です。札幌市内7区、東京都港区・世田谷区、北海道乙部町、宮城県仙台市にて事業を運営しています。ノテ福祉会が開発した在宅サービス「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は国の制度となっており、さらに、多職種が協働し、在宅ケアプランを作成する「アセスメントステイ」についても、法人全体で取り組み、地域包括ケアの完成に向け進めております。

つしま医療福祉グループ 社会福祉法人ノテ福祉会

■エリア 札幌市(7区)、乙部町、東京都(2区)、仙台市 ■事業所数 87(2019年5月現在)

  • 特別養護老人ホーム…9事業所
  • 介護老人保健施設…2事業所
  • 介護付有料老人ホーム…3事業所
  • サービス付き高齢者向け住宅…4事業所
  • ケアハウス…1事業所
  • 認知症対応型グループホーム…6事業所
  • 小規模多機能型居宅介護…25事業所
  • 看護小規模多機能型居宅介護…1事業所
  • 居宅介護支援事業所…7事業所
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護…4事業所
  • 訪問介護…5事業所
  • 訪問看護…5事業所
  • 通所介護…6事業所
  • 通所リハビリテーション…2事業所
  • 訪問リハビリテーション…1事業所
  • 地域包括支援センター…2事業所
  • 介護予防センター…1事業所
  • 就労継続支援A型事業所…2事業所
  • セントラルキッチン…1事業所

日本初の大学が設置する認知症研究所日本医療大学認知症研究所

本学の母体であるつしま医療福祉グループでは、創立以来、一貫して施設入居している中重度の要介護高齢者へのケアはもとより、在宅で生活する中重度の要介護高齢者を支えるためのサービスシステムを開発・実践し、国への政策提言を行ってきました。その介護現場では、今や先進諸国共通の社会問題となっている認知症を克服するための早急な対策・対応が待たれています。同研究所では、認知症を惹起する疾患に関する研究や、認知症の症状・診断・治療・予防・心構えなどをレクチャーする「認知症サポーター養成講座」の開講を行なっています。国民の健康福祉の増進に寄与することを目的に大学が設置する認知症研究所としては日本初となります。

日本医療大学認知症研究所

学生のキャリアアップと職業選択を支援 日本医療大学キャリア
学修支援センター

学学生の職業観や勤労観をはぐくみ、職業に関する知識、能力、技能および態度の修得をバックアップ。学生一人ひとりが自分らしい生き方を実現する支援をしています。

日本医療大学キャリア学修支援センター

図書から視聴覚教材まで、豊かな知の宝庫 日本医療大学附属図書館

最新の医療関連図書を豊富に取り揃えています。海外の医療雑誌も備えるほか、視聴覚教材、電子ジャーナル、他大学などの蔵書検索機能も整備し、学修を支援しています。

日本医療大学附属図書館

介護力向上を支援する様々な研修を実施 日本医療大学生涯学習センター

「考える介護者」の育成に力を入れ、持続可能な介護の在り方を共に考えます。介護者の身体を守り、利用者の自立支援を実現します。また、介護技能実習入国後2カ月講習を採用先事業者との緊密な連携のもとで実践しています。

日本医療大学研修センター