国際交流

世界の医療と福祉の現場にふれる

デンマークや中国の医療・福祉系教育機関と交流を持つ本学には、国際感覚が身につく学修機会も広がっています。

ネパール

開発途上国の医療の現状を見学

保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
講師 松崎 由里子

2019年、本学の「CBRサークル」※が、開発途上国であるネパールへのスタディツアーを主催しました。同サークルは、これまでにも札幌市のNPO団体が主催するスタディツアーに参加してきた経験を持ち、今回は渡航前にネパールの現状や簡単なネパール語を学んだり、ネパール料理を食べに行ったり、入念に準備。現地では日本で使われなくなった車いすを届け、自立生活センターや病院、リハビリテーションセンターなどを見学しました。ネパールの生活は日本と比べると貧しく、インフラも十分ではありませんが、現地の医療現場を自分の目で見た経験や、そこに暮らす人たちの幸せに溢れている姿に、参加した学生が「これからの生活や学修に生かしていきたい」と刺激を受けて帰国しました。

※CBRとは、Community Based Rehabilitation(地域に根ざしたリハビリテーション)の略。国際協力や国際交流に興味のある学生が集うサークルで、札幌市の国際協力フェスタにボランティア参加するなど、さまざまな国際協力活動を行っています。

VOICE

保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 4年 東 尚輝 北海道科学大学高校出身

開発途上国で車いすを自国生産している国はほぼありません。しかし、世界には体が不自由な方がたくさんいて、その方々は不自由な生活を余儀なくされています。今回、車いすをお渡しし、実際の生活環境や医療現場にも足を運んだことで、その現実を自分自身の目でしっかりと理解することができました。海外を知り、日本と異なる点や共通点を学べたことは、これから理学療法士として働く上でも、とても良い経験になったと思います。

デンマーク

ノーフュンス・ホイスコーレ校舎

世界で最も幸福な国とされる北欧・デンマークの「日欧文化交流学院(現ノーフュンス・ホイスコーレ)」は本学と30年以上の関係があります。国際交流の中で世界で最も手厚いとされる福祉・介護サービスシステムと同国発の「ノーマライゼーション」の思想を体験しながら学ぶことができます。

中国

公立短期大学 楽山職業技術学院校舎

2019年、楽山職業技術学院(四川省)の卒業生4人が介護技能実習生として、本学で日本語学習と介護技能を修得。同年、四川工業科技学院(四川省)、滄州医学高等専科学校(河北省)、黒竜江省民政職業技術学校(黒竜江省)と友好協定を締結しました。今後、学生と教員の交流が行われる予定です。

PAGE TOP