学長挨拶

未来の医療人たちへ

医療と福祉の総合大学を目指す日本医療大学には、将来をイメージできる環境が広がっています

日本医療大学 学長
太田 誠

学長写真

主な経歴
北海道理学療法士会 会長
北海道リハビリテーション専門職協会 会長
日本理学療法士協会 監事
専門学校日本福祉リハビリテーション学院 学院長

 本学は医療と福祉の現場から誕生した大学として、高度化していく医療・福祉に対応できる人材を育成してきました。
 皆さんもご存知のように我が国は今、超高齢社会を迎え、医療技術職の現場は急性期や回復期に留まらず、生活領域まで広がり、最近は病気になる前の「予防分野」にも力が注がれています。そうした日々進化する現場では、一人の患者さんを中心に、さまざまな専門職が連携するチーム医療が当たり前となっています。本学も移転によって、これまで校舎が離れていた保健医療学部の看護学科、リハビリテーション学科、診療放射線学科の3学科が同じキャンパスに集結します。2021年4月からは臨床工学科(仮称)※と臨床検査学科(仮称)※が加わり、実際の医療現場に即した、より高度な多職種連携をイメージできる環境が実現可能となります。さらに在宅看護や介護・福祉においても、新設する医療福祉学部 医療福祉マネジメント学科(仮称)※を含めたチーム連携が深まっていくものと期待しています。
 新キャンパス併設の「日本医療大学病院」は回復期リハビリテーションをメインとした全国でも珍しい大学病院で、皆さんはそこで実習を行うだけでなく、その先にある介護老人保健施設や訪問看護・訪問リハビリとのつながりも、キャンパスに居ながら身近に触れることができます。将来をイメージしやすい環境が広がっていて、これは通常の講義では得ることのできない貴重な財産になっていくことと思います。
 本学はまだまだ新しい大学ですが、前身の専門学校時代を含めると非常に長い歴史を持っています。当時の卒業生とは、今も強固な絆でつながっており、充実した実習先や就職先は、そうした先輩たちの多大なる協力があってこそです。専門学校時代から築いてきた基盤がしっかりと受け継がれているのも本学の強みの一つだと実感しています。それは国家試験合格に向けたサポートも同じです。医療と福祉の現場から誕生し、つしま医療福祉グループの現場と密接につながっている本学で、ぜひ皆さんの夢を具現化していってください。

PAGE TOP