大学概要
学長挨拶

大学概要

HOME大学案内 > 学長挨拶

学長からのメッセージ

日本医療大学(学長)太田 誠

今、求められる
医療職の育成をめざして
今、求められる医療職の育成をめざして

日本医療大学 学長

太田 誠

昭和34(1959)年 兵庫県尼崎市生まれ(60歳)
札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程前期理学療法学・作業療法学専攻修了(修士)
専門学校日本福祉リハビリテーション学院学院長
日本医療大学保健医療学部リハビリテーション学科学科長を歴任
現在、学校法人日本医療大学理事・評議員

日本医療大学は、2014年4月に保健医療学部看護学科の設置により生まれた大学です。1年後の2015年にリハビリテーション学科(理学療法学専攻・作業療法学専攻)、翌2016年には診療放射線学科を開設しました。3学科では看護師・理学療法士・作業療法士・診療放射線技師を志す学生が集い、日々勉学に励んでおります。既に看護学科とリハビリテーション学科の卒業生は道内を始め、全国の臨床現場で活躍していますが、この春、3番目に立ち上がった診療放射線学科の1期生が巣立ちました。今後は保健医療学部の全学科(看護学科、リハビリテーション学科/理学療法学専攻・作業療法学専攻、診療放射線学科)で卒業生を送り出すことになります。

また、今回の卒業生にあっては4年間の集大成とも言える国家試験において、全学科ともに好成績を残してくれました。看護学科(3期生)では73名が合格し、合格率96.1%(全国平均89.2%)、リハビリテーション学科(2期生)の理学療法学専攻では37名、合格率94.9%(全国平均86.4%)、作業療法学専攻では21名全員が合格し、合格率100%(全国平均87.3%)を達成することができました。診療放射線学科も27名、合格率84.4%(全国平均82.3%)となり、作業療法学専攻の100%を筆頭に全学科で全国平均を上回る合格率となっております。

さて、ご存知の様に我が国の高齢化率は年々高くなり、65歳以上の人口割合が2018年で既に28.1%の我が国は、「超高齢社会」となっています。病気になった際の急性期における治療は基本となりますが、超高齢社会では、できるだけ病気にならない「予防」という考え方が非常に大切です。ご高齢の方も病気の早期発見・早期治療を基本に元気な日本を作るために頑張っておられ、これを支えるために医師を始めとする多くの医療職による多職種連携の重要性が叫ばれているところです。医学の進歩と共に各医療専門職の知識・技術は細分化され、以前は治療が困難と言われた病気でも元の生活に戻れる方が増えています。

本学においては、このような専門性や細分化された内容について深く学修しますが、多職種連携の必要性についても学んでいただきます。それぞれ異なった専門的背景をもつ専門職が、共有した目標に向けて共に活躍することの重要性を理解することで、患者さんや障がいを持たれた一人ひとりの大きな支えになることができます。また、各学科では基礎教育科目、専門基礎科目、専門科目と学修を進めて行きますが、学生時代から他学科の学生との交流することで、この多職種連携の重要性についても触れることができます。そして、患者さんから学ぶという医療者の原点に立ち、「人は人を愛し、人にふれることによって、自らも成長する」という本学の基本理念を身につけた医療職の育成をめざしています。

現在、本学は札幌市清田区の真栄キャンパス(看護学科・診療放射線学科)と恵庭市の恵み野キャンパス(リハビリテーション学科)の2つに分かれていますが、来年の4月には札幌市豊平区の月寒東に移転が決まり、大学自体の施設が拡充されます。また、日本医療大学病院や介護老人保健施設 日本医療大学リハビリ、そしてコミュニティセンター等が併設され、医療・介護の臨床現場が大学のキャンパス内に展開されます。理想的な教育環境に加えて、大学の移転と同時に新学部や保健医療学部に学科の新設も計画されています。具体的には、順次ホームページでもお示していきますが、オープンキャンパスや資料請求等をしていただければと考えております。医療技術を学ぶ環境の整った本学の新キャンパスで一緒に学んでみませんか。

経歴

学歴

昭和59(1984)年3月
北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業
平成 2(1990)年3月
北海学園大学法学部法律学科卒業
平成 14(2002)年3月
札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程前期
理学療法学・作業療法学専攻修了

主な職歴・役職等

平成 19(2007)年4月
専門学校日本福祉リハビリテーション学院 学院長
平成 21(2009)年4月
公益社団法人北海道理学療法士会 会長(現職)
平成 22(2010)年7月
北海道リハビリテーション学会 理事(現職)
平成 27(2015)年6月
公益社団法人日本理学療法士協会 監事(現職)
平成 28(2016)年3月
一般社団法人北海道リハビリテーション専門職協会 会長(現職)
平成 31(2019)年4月
日本医療大学保健医療学部リハビリテーション学科 学科長