大学案内
日本医療大学で学べること 日本医療大学で学べること

大学案内

HOME大学案内日本医療大学で学べること > 看護師

看護師

看護師とは?

あらゆる健康のレベルにある人達の生活に関わり、より健康になるよう、病気から回復するように支援する仕事です。具体的には、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身のまわりの世話や、血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助です。近年は医療の専門化が進み、看護師の仕事もより高い専門性が求められるようになってきています。医師や薬剤師、診療放射線技師など専門家でチームを組んで治療を行う「チーム医療」も進んできており、その中でも看護師は患者さんと最も接点がある医療従事者として、重要な役割を担ってきています。

看護師の仕事内容(一例)

  • 外来看護師の主な仕事
    入院日数が短くなっていることから、外来看護師の役割はより重要になっています。医師の診療がスムーズに進むための補助はもちろん、患者さんが自宅での療養生活を安心して適切に送れるように支援することも重要な仕事です。
  • 病棟看護師の主な仕事
    病棟看護師の仕事は24時間、患者さんの看護を行います。それだけに、患者さんの病状や性格、家族背景、医師の治療方針を理解した上でのケアが求められます。具体的には注射や点滴、ガーゼ交換などの医療処置のほかに血液検査や尿検査、さらにシーツ交換、身体を拭くといった「身の回りの清潔を保つ」ことも、大切な仕事です。
  • 手術室看護師の主な仕事
    手術を受ける患者さんへのケアが仕事です。患者さんが安全でスムーズに手術を受けるために、直接、執刀医に手術器械を渡す「器械出し看護師」と、患者さんの容態や医師の動きに合わせ、投薬や手術環境を整える「外回り看護師」とがあります。手術室の仕事は疾患や術式により様々で、看護師には幅広く専門的な知識が要求されます。より高度で質の良い看護を提供するため「手術看護認定看護師」となり、さらにスキルアップをすることも可能です。
  • ICU(集中治療室)看護師
    の主な仕事内容
    ICUの患者さんは、短時間に容体が変化する可能性があり、集中的な治療が行われます。そのためICUで働く看護師は、幅広い知識をもとに、集中的な治療介助、看護、観察を行い、患者さんの生命維持を支えなければなりません。また、家族の精神的ケア、医療スタッフ間の連携、医療機材に対する知識など求められることが多く、その分やりがいも十分に得られる仕事といえます。
  • リハビリテーションの様子
    リハビリテーションの様子
  • 医師からの指示書の確認
    医師からの指示書の確認
  • カンファレンスの様子
    カンファレンスの様子

現場からのメッセージ

「この人なら大丈夫」と
信頼される看護師になってください

現在、慢性期病棟に勤務しており、ご高齢の患者さまを多く看護しています。
毎日慌ただしく過ぎてゆく中で、忘れないように立ち止まることがあります。それは、患者さまやご家族が「どうなりたいのか」という思いと、医療者として「どうなってもらいたいか」という思いが一致しているかということです。日々知り得た情報を、各職種と共有しカンファレンスを行う中で、皆が同じ方向を向き看護を提供していけるようにすることが大切だと思います。
また日々の環境に流されず、自らが提供している看護について、判断や対応、ケアの内容などを振り返ることも大切です。「これでよかったのか」と考え、たとえ落胆することがあっても、「次は同じことをしないためにはどうしたらよかったのか」と振り返り考えることが、私自身の成長につながるのではないかと思っています。
患者さまやスタッフから「この人に任せていれば大丈夫」と思ってもらえるような、信頼される看護師になってください。

田口 裕紀子さん つしま医療福祉グループ
医療法人社団 光進会
札幌月寒病院
看護師
江島 希梨子さん