キャリア学修支援

キャリア学修支援

HOMEキャリア学修支援就職活動支援 > リハビリテーション学科

就職活動支援

4年次に履歴書の書き方や面接対策の講座、就職説明会を開催します。また,進路希望調査や個人面談から履歴書添削,面接練習と徹底して就職活動を支援しています。

就職採用試験

  • 進路調査
    学生と志望就職先とのミスマッチを回避するため、進路希望調査を4年次の4月から5回実施します。
  • 求人票・病院ファイル
    の閲覧
    病院等から送られてくる求人票やパンフレット等は、キャリア学修支援センターに保管し、定期的に求人施設一覧表を掲示板へ掲示しています。また、キャリア学修支援センターの専門員は、病院等の求人担当者が訪問された場合の対応窓口でもあり、求人票などに載らない情報を直接聞いたり、卒業生の幅広いネットワークから様々な情報を収集したりして、それらを学生へ情報開示しています。
    学生は、このような資料や情報を活用し、志望就職先の絞り込みを行います。
  • 進路相談・個人面接
    進路に関する相談を随時受け付けています。また、進路志望調査後に、全員の個人面談も実施します。困ったこと、わからないことがあれば教員やキャリア学修支援センター専門員に常に相談できる体制にあります。
  • 就職説明会の開催
    就職説明会は本学で開催します。学生は直接求人担当者の方から、病院等の理念・特色や医療体制などについての説明を聞く場です。これらの説明から、志望就職先の病院・施設見学に臨みます。
  • 志望就職先の見学
    病院・施設の多くが就職希望者に対して見学の機会を設けています。病院・施設の雰囲気を知る良い機会であり、実際のリハビリテーション場面を見学したり、直接スタッフから説明を聞いたりできる場でもあるので積極的に活用しています。
  • 就職採用試験対策
    志望就職先が具体的に決まったら、履歴書の添削や就職採用試験対策が始まります。前身の専門学校時代から蓄積してある選考試験受験報告書を分析し、学生の志望就職先に対応した就職採用試験対策を実施しています。また、学科教員が複数人数で面接官役となり本番を意識した面接練習や筆記試験・小論文添削指導などきめ細かな支援をいます。

理学療法士・作業療法士の活躍場所

医療機関のリハビリテーションにとどまらず、あらゆる場面で子どもから高齢者まで、障がいの有無に関係なく全ての人をサポートしています。

  1. 病院、診療所などの医療機関
  2. 老人保健施設などの高齢者施設
  3. 通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションなどの通所・訪問事業所
  4. 障がい児(者)通所・入園施設、特別支援学級・学校など
  5. 市・区役所、保健センターなどの行政機関
  6. スポーツ関連施設など
  7. 教育機関・研究所・企業など

リハビリテーション学科TOPへ戻る >