保健医療学部
リハビリテーション学科

定員80人

保健医療学部 リハビリテーション学科

HOME保健医療学部リハビリテーション学科 > 4年間の流れ(理学療法専攻)

4年間の流れ

1年次

医療人としての基盤、セラピストとしての基礎をつくる

 科学的思考力、人間観を養う基礎教育科目を多く配置し、医療人としての基盤をつくります。また理学療法学の専門基礎教育科目、専門教育科目の一部を先取りしてこの年次に開講し、理学療法士になる自覚と学びのモチベーションを高めています。

学生からのメッセージ

姉に続いて弟の私も
理学療法士として患者さんの力になりたい
私が本学を志望したのは、姉がこの大学の前身である日本福祉リハビリテーション学院で学び、理学療法士として病院に勤務しているからです。そんな姉の姿へのあこがれから、私も本学で理学療法を学びたいと考えました。1年次の勉強で印象に残っているのは、解剖学の授業。基本的な骨や筋肉の知識を身につけるのに苦労しましたが、医療人として患者さんの力になるための第一歩と思い頑張りました。施設設備が充実している本学は、勉強には最適な環境です。また、チューター制度などを通して先輩と後輩の結びつきが強く、学内ですれ違ったときなどもおしゃべりに花が咲きます。

宇野 紘夢さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 1年
千谷 卓充 さん
(北見柏陽高校出身)

Timetable
1年次時間割(予定)

1年次時間割(予定)

解剖学演習

書物や映像では得られない情報を体得し、人体の構造を三次元的に理解する。

倫理学

医療人としての倫理観を持ち育てていくために必要な知識・視点・方法を身に付けるため、「命の倫理観」に対する歴史的背景や日常感覚との接点について学修する。

生理学

細胞・血液・循環・呼吸・消化と吸収・腎臓と排泄・酸-塩基平衡、筋の収縮・神経系・末梢神経系・中枢神経系・感覚・代謝と体温・運動生理学等を中心に学ぶ。

2年次

理学療法に不可欠な医学知識と技術を習得する

理学療法学はリハビリテーション諸領域の中でもっとも医学に近い領域です。この年次では人体の構造や生理機構、疾病と障がいの成り立ちといった基礎医学を集中的に学びます。また理学療法手技の基礎的トレーニングを行います。

学生からのメッセージ

つらいときも励まし合い、
同じ目標をもつ友人たちと切磋琢磨
本学には、暗記よりも理解することを重視した授業が多く、先生方がとても親身で、しっかり学べる環境が整っています。みんな、同じ目標をもっているからこそ、お互いに気持ちを共有して励まし合い、つらい壁も乗り越えることができます。また、大学では何より自主性が大切ですが、そのことが自分を変える大きなチャンスになります。私が心がけているのは、人前で発言するのを恐れないこと。発言することで責任感が生まれ、夢を達成するためにどうすれば良いかを自ずと考えるようになるからです。本学に入学してよかったと心から思っています。

泉 真貴さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 2年
早田 脩二 さん
(岩見沢緑陵高校出身)

Timetable
2年次時間割(例)

2年次時間割(予定)

※2年次後期に臨床実習Ⅰ[理学療法](45時間)

運動学

関節の運動や体幹、上肢、下肢の運動を動作という見地から総合的に解析する。

整形外科学

理学療法士として必要な整形外科学の基礎知識を画像診断などを交えながら各疾患全体を理解することによって、リハビリテーションとの関連を学ぶ。

理学療法評価学

患者の全身状態を正確に把握するため、疾患ごとに収集すべき情報と行うべき検査を理解する。

3年次

実習や演習を通して理学療法の領域を幅広く体得する

本格的な理学療法士としてのトレーニングが始まります。身体障害、神経障害、呼吸器・循環器障害など障がいごとのリハビリテーション法や義肢装具、物理療法など、理学療法の諸領域、技術を広く学びます。後期からは病院や福祉施設での実習も始まります。

学生からのメッセージ

難しいから挑戦心も湧く。
疑問や不安をすぐ相談できる環境です
私は高校時代、本学のオープンキャンパスに参加してみて、何よりこの大学の雰囲気の良さを実感しました。また、国家試験の合格率の高さや、チューター制度を通して、先生や他学年の人とも交流でき、不安があれば、すぐ相談できる環境が整っているのも大きな魅力でした。専門分野の勉強は難しいですが、難しいからこそ理学療法士になるという目標達成のために、一生懸命努力する気持ちも生まれます。3年次になると、これまで以上に専門的な授業が増えますが、それも自分の目標に近づけることの証しであり、臨床実習も含めて興味深い科目が盛りだくさんです。

中井 光希さん

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 3年
加藤 彩 さん
(北星学園女子高校出身)

Timetable
3年次時間割(例)

3年次時間割(予定)

※3年次後期に臨床実習Ⅱ[理学療法](135時間)

チーム医療論

チーム医療論各専門職への理解を深めるとともに、パートナーシップを形成する上での基本的態度を学び、協働について、理学療法士としての自己課題を明確にすることを目的とする。

運動器障害理学療法学

骨折、変形性関節症の理学療法学、肩関節・頚部・腰部の障害、関節リウマチの理学療法学について学ぶ。

超音波検査学

循環・呼吸に関する知識を整理し、個々の評価・治療に必要な基本的技術について学修する。

4年次

チーム医療の一員として病院施設で患者さんを担当する

これまで習得した知識を統合し、理学療法士として活躍するイメージを形づくる年次です。実習では病院や施設でチームの一員として患者さんや利用者に関わります。また卒業に向けた準備として国家試験対策と不得意分野の克服を行います。

学生からのメッセージ

教え上手で学生思い。先生の質の高さが自慢です
私が本学に入学してよかったと感じるのは、何といっても、先生方がすばらしいこと。教えてくださる内容が的確で、学生のことをいつも親身に考えてくださる先生ばかりです。そんなことをいうと、無理に言わされているのではないかと疑う人もいるかもしれませんが(笑)、本当なんですよ。大学は、高校までと比べると、かなり自由である半面、孤独感を抱きがちです。でも、本学では入学と同時に始まるチューター制度や、3年次から始まるゼミなどで必然的に多くの先輩や先生方と関わり、誰かにすぐ相談できる環境が整っていることも心強いです。

佐藤 秀紀

保健医療学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 4年
有山 和樹 さん
(旭川龍谷高校出身)

Timetable
4年次時間割(例)

4年次時間割(予定)

※4年次前期に臨床実習Ⅲ[理学療法](720時間)

リハビリテーション管理学

リハビリテーション専門職としての基礎となる生命倫理および職業倫理を学ぶとともに、職場の管理業務に必要な管理学としての基礎知識と実践について学修する。

卒業研究Ⅱ

研究手法を身に付け、リハビリテーションに関わる種々の問題を解決する能力、また論理的思考に基づいたリハビリテーションを展開する能力を養う。

臨床実習Ⅲ

実習施設で臨床実習指導者のもと多職種と連携しながら対象者を担当し、評価、計画立案から実施までの一連の過程を実施・体験する。