保健医療学部
診療放射線学科

定員50人

保健医療学部 診療放射線学科

HOME保健医療学部診療放射線学科 > 4年間の流れ

4年間の流れ

1年次

人間理解の基礎となる一般教養科目と基礎数学の習得

1年次では、基礎教育科目によって人間理解の基礎となる学問的知識を得るとともに、診療放射線学の基礎となる数学を習得します。学生個人の価値観や人間観を育て、科学的思考力や大学人として主体的・自律的に学ぶ姿勢を身に付けることを目的としています。

学生からのメッセージ

国家試験の合格率はもちろん、基礎科目の充実も魅力です
私が本学を志望したのは、前身校の国家試験合格率が高かったこと。それから、多分野にわたる基礎教育科目が充実していることが魅力だったからです。キャンパスの雰囲気も自然豊かでとても落ち着ける環境です。大学では、高校とは違って授業時間が90分と長いですが、それだけに学べる内容はかなり充実しています。これから学年が進むにつれて、ますます専門性が高くなり、身につけなくてはならないことも増える一方ですが、そのときに備えて今のうちからしっかり勉強に励みたいと思います。どの専門科目も興味深い内容なので楽しみです。

上野 嵐渚さん

保健医療学部
診療放射線学科 1年
上野 嵐渚 さん
(旭川西高校出身)

Timetable
1年次時間割(予定)

1年次時間割(予定)

生命倫理

医療人として必ず直面する生命倫理の基本的な概念について、自ら考え、表現し、伝えていくことで倫理観を磨きます。

数学Ⅱ(微分・積分・微分方程式)

放射線を正しく扱うためには微分・積分・微分方程式の理解が不可欠です。数学概念の基礎と計算力を養います。

放射線物理学

放射線を利用する医療機器を扱う基礎知識として放射線の発生原理、放射線物理の基礎知識を身に付けます。

2年次

放射線科学の基礎理論と医療機器の概要を学修

2年次では、基礎教養科目の学修成果を活かして専門基礎科目を中心に学修します。ここでは人体の構造や機能、疾病の成り立ちといった医学の基礎知識と放射線科学の基礎理論、放射線機器の概要を学び、より実践的な3年次の専門教育に備えます。

学生からのメッセージ

未来の医療人として学んだことをしっかり身につけたい
私は子どもの頃、ケガをしてX線写真を撮ってもらったときから、診療放射線技師にあこがれるようになったのです。大学進学にあたっては、これまで多くの人材をこの業界に輩出してきた本学の実績に注目しました。入学してみて感じるのは、先生と学生の距離が近く、わからないことはわかるまで徹底的に教えていただけること。良い先生や友人たちとめぐり会えて、本当に幸せです。キャンパスもとてもきれいで、学習には最適な環境です。未来の医療人という自覚をもちながら、基礎から専門科目まで、学んだことをしっかりと身につけたいと思っています。

樋口 裕太さん

保健医療学部
診療放射線学科 2年
樋口 裕太 さん
(札幌啓成高校出身)

Timetable
2年次時間割(例)

2年次時間割(予定)

チーム医療論

チーム医療に関わる多様な職種の役割、チームの役割と連携を学び、効果的に協働するための態度を習得します。

画像解剖学Ⅰ(X線画像)

X線診断技術に対応するため、画像と解剖の関係を知り、画像について適切に判断できる能力を身に付けます。

診療画像技術学実験Ⅰ(X線検査)

X線装置を用いて、X線の線量・特性の測定、人体ファントムの撮影などによってX線撮影技術を習得します。

3年次

代表的な診断装置を操作、読影、評価

X線装置、CTスキャナー、MRIといった代表的な診療放射線機器を用いて機器ごとに操作、撮影、読影、評価、保守といった一連のプロセスを実習します。また放射線がん治療など最先端医療にも触れていきます。後期には医療機関で臨床実習が行われます。

学生からのメッセージ

疑問点は早期に解決。
積み重ねを大切に国家試験へつなげたい
現場と教育が一体となった本学の理念と、学科の基本方針に共感したことが、私がこの大学に入学したいと思ったきっかけでした。キャンパスは、とても勉強に集中しやすい環境が整っており、講義中に頭に浮かんだ疑問は、先生に質問するなどして、できるだけその場で早期に解決することを心がけています。1・2年次で学んだ基礎教育科目や専門基礎科目をベースに、3年次からはより専門性が高い科目が増えますが、一つひとつを丁寧に理解して、国家試験へつなげていきたいです。自分の目標をしっかりともち、有言実行できるよう、今後も努力を積み重ねたいと思っています。

佐藤 あすかさん

保健医療学部
診療放射線学科 3年
佐藤 あすか さん
(札幌第一高校出身)

Timetable
3年次時間割(例)

3年次時間割(予定)

※3年次後期に臨床実習Ⅰ(180時間)

核医学検査機器学

ガンマカメラ、PET装置、SPECT等核医学診断で使用される核医学検査機器について、動作原理、保守管理を学びます。

MRI検査学

MRI検査について、MRI装置の動作原理、検査目的、検査部位ごとの各種撮影方法、画像処理等を学びます。

超音波検査学

超音波検査について装置の原理を理解し、検査目的、走査の種類、超音波所見、検査報告書の作成等を学びます。

4年次

チーム医療の一員として技師の業務を実地研修

これまでの学修を統合する年次で、臨床実習病院で技術スタッフの一員となってチーム医療を経験します。また医療安全など診療放射線技師の裾野を広げる領域を学ぶとともに、これまでの達成度を確認して不足を補い、国家試験に向けて準備を進めます。

教員からのメッセージ

問題解決力を磨き、将来への可能性を導き出す重要な一年
4年次は、年間を通じて二つの重要な項目を主に学びます。一つは、将来必ず必要となる問題解決能力の基礎を「卒業研究」により養います。また、専門医療職となるために必要な国家試験合格のための学力を「国家試験対策」により養います。診療放射線技師の業務と専門知識の範囲は年々飛躍的に拡大しているにもかかわらず、その期待に応えることができる人材の育成は発展途上です。教職員と共に、豊富な専門知識の習得のみならず、社会人として必要な教養および問題解決力の基礎を学び、自分の将来へのあらゆる可能性を導き出すための準備を行う一年となります。

俵 紀行

保健医療学部
診療放射線学科 教授
俵 紀行

Timetable
4年次時間割(例)

4年次時間割(予定)

※4年次後期に臨床実習Ⅱ(270時間)

臨床実習Ⅱ

臨床実習病院で臨床業務を行い、講義で学んだ基礎知識が臨床現場でどのように活用されているのかを理解します。

放射線治療技術学演習

放射線治療技術学、放射線治療機器学の学修を元に、各疾患に対する放射線治療方法を理解し、照射方法について学びます。

医療安全管理学

安全・安心な医療を提供するため、診療放射線技師が関わった医療事故の事例や対処方法を学び、事故防止の基礎知識を習得します。