保健医療学部
診療放射線学科

定員50人

保健医療学部 診療放射線学科

HOME保健医療学部診療放射線学科 > 診療放射線学教育の理念について

診療放射線学教育の理念について

診療放射線学教育の理念について

診療放射線技師になるためには、4年間の大学と3年間の専門学校のどちらが良いのでしょうか?

結論
7割以上が大学教育です。
理由
学校を卒業して医療機関に就職する新人の7割以上が大学卒です。今後もこの割合は増える見込みです。数年前から法令による業務の拡大が進行しており、修得する科目の数が増加しています。専門学校の3年間では過密な時間割で余裕がありません。4年制の大学では、学術の中心として広い知識と深い学芸を研究することができ、応用力を展開させることが可能です。病院などの医療機関では、医療技術の進歩や医療機器の高度化に伴う学術研究の進展に対応できる人材を求めています。

日本医療大学の学びの特徴はどういうところにあるのですか?

結論
診療放射線技師としての人間力を養います。
理由
4年間の課程において、豊かな人間性を涵養し、人間を統合体として多面的に理解する能力や、人間関係性を形成するコミュニケーション能力、科学的思考に基づいた実践能力、チームにおける連係・協働力、科学的思考能力・問題解決能力、主体的学習能力などを育成することで、専門職業人としての応用力や実践力を育成します。