保健医療学部
看護学科

定員80人

保健医療学部 看護学科

HOME保健医療学部看護学科 > 学科長からのメッセージ

学科長からのメッセージ

看護学科長・成人看護学教授 門間 正子

看護学科長・成人看護学教授 門間 正子

いつ、いかなる場合も”看護のプロフェッショナルである”ことを求めてきました

看護学科長

門間 正子

本学科は今年初めて卒業生を送りだしました。私たちも1期生、学生たちも1期生。学生と教職員が一緒に大学をつくってきました。医療現場は厳しいものです。私が学生に求めたのは常に”プロフェッショナルである”こと。どんな場合でも必要十分な標準看護が提供できる。自分がどうであろうと”プロとして看護するのだ”という気概を求めました。そのため、教科指導はもちろん、生活指導も厳しく行いました。それでも先輩のいない1期生です。はじめはのんびりしたところもありましたが、私たちの求めに懸命に応え、実習を通して大きく成長しました。そして国家試験では私たちも驚く成績を挙げたのです。4年生は9月まで実習があり、準備不足を心配しましたが、ラストスパートが素晴らしかったです。1期生は卒業して大学を離れましたが、実習先の病院に就職した者も多く、今も目配りを続けています。いずれ本学の実習生を指導してくれると期待しています。まだまだ若い大学ですが、教員は熱いです。ていねいに熱心に指導します。どうぞ私たちの大学にお越しください。