保健医療学部
看護学科

定員80人

保健医療学部 看護学科

HOME保健医療学部看護学科 > 講義・演習・実習紹介

講義・演習・実習紹介

基礎から専門領域へ。4年間の体系的な学びによって、医療全般にわたる知識と技術を習得します。

基礎教育科目

基礎教育科目

生命倫理
生命倫理の考え方は医療の現場では欠かせません。しかし、そもそも生命とは、また倫理とはいったい何なのでしょうか。講義では、なぜ倫理的判断が医療に必要なのか?という視点から、古来つねに人々の関心を集め続けてきた「命に関わる問題」の背景を幅広く学びます。

専門基礎教育科目

専門基礎教育科目

公衆衛生学
公衆衛生学は、人々の健康を維持増進するための科学であり技術です。その目的を達成するために疫学研究の手法を基盤として、集団を対象として食習慣や嗜好、生活習慣などを調査し、障害者や患者を対照としてデータを収集し対比することで健康障害をもたらすリスクを探る学修をしています。その他、幅広く社会・環境と健康との関わりを学びます。

専門教育科目

専門教育科目

看護学実習
実習施設の特徴、施設内におけるチーム医療のしくみ、対象者および家族を中心としたケアの質の向上に向けて他職種と看護師の役割理解と連携・協働について実践的に学びます。また、本学では特に、現代の高齢社会を踏まえ、老年看護学実習の時間を多く確保しています。

その他、さまざまな科目を通して、現場に役立つプロフェッショナルを養成します。