保健医療学部
看護学科

定員80人

保健医療学部 看護学科

HOME保健医療学部看護学科 > 4年間の流れ

4年間の流れ

1年次

看護の基礎となる人間理解と主体的に学ぶ姿勢を育てる

1年次では、「基礎教育科目」を多く配置し、人間理解の基礎となる学問的知識を得るとともに、学生個人の価値観や人間観を育て、科学的思考力や大学人として主体的・自律的に学ぶ姿勢を身に付けることを目標としています。

学生からのメッセージ

大学に入ったからには教養科目にも取り組みたい
本学を選んだのは、最新の医療設備が備わっている点と実習地が札幌市内や近郊で経済的負担の少ない点です。キャンパスは緑に囲まれた落ち着いた環境。先輩は気軽に話し掛けてくれて、すぐに大学生活になじめました。高校時代と違って、講義は専門性が高く、授業時間も長いのですが、わからないことはいつでも先生に聞くことができます。内容は難しいですが、毎日予習復習を欠かさずに頑張っています。専門科目はもちろんですが、大学に入ったからには英語や統計学などの教養科目にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

宇野 紘夢さん

保健医療学部
看護学科 1年
宇野 紘夢 さん
(帯広緑陽高校出身)

Timetable
1年次時間割(予定)

1年次時間割(予定)

生命倫理

医療人として必ず直面する生命倫理の基本的な概念について、自ら考え、表現し、伝えていくことで倫理観を磨きます。

形態機能学Ⅲ

人体の組織、臓器の生理的機能について学修し、それらの全体的な統合の上に生命が維持されているメカニズムを理解します。

統計学

研究、調査、診療によって得られる大量のデータを統計学的方法で解析し、科学的に有用なデータとして活用するための基礎を学びます。

2年次

看護の基礎となる医学知識を集中的に学ぶ

2年次では、健康と疾病の関わりを学ぶ「専門基礎教育科目」、看護の基礎を学ぶ「専門教育科目」数が増えます。「基礎教育科目」で学んだ知識を活用しながら「専門教育科目」の基礎を習得することを目的としています。

学生からのメッセージ

患者さんや家族に寄り添える看護師になりたい
看護師になるために、専門学校で3年間学ぶよりも、大学で4年かけてしっかり学びたいと思いました。大学の理念に共感し、ここで4年間学べば患者さんや家族に寄り添うことのできる看護師になれると思いました。キャンパスは自然がいっぱい。先生は親しみやすく、話しやすいのですぐに大学になじめました。講義は専門性が高く、復習しないと追いつけませんが、わからないことは先生に気兼ねなく聞くことができます。大切なのは予習復習と講義中のメモ。しっかりメモを取ることで復習もしやすいですし、講義にも集中できます。

嘉屋 遥奈さん

保健医療学部
看護学科 2年
嘉屋 遥奈 さん
(札幌月寒高校出身)

Timetable
2年次時間割(例)

2年次時間割(予定)

※2年次前期に基礎看護学実習Ⅰ(45時間)・基礎看護学実習Ⅱ(90時間)

成人看護援助論Ⅰ

慢性疾患の知識を元に、セルフケア援助の視点から病状や治療が人の生き方や生活にどのように影響しているかを学びます。

チーム医療

保健医療福祉の領域で働く各専門職の専門性と役割を理解し、パートナーシップを形成する上で基本的な態度を学びます。

疾病論Ⅱ

既存学修の知識を元に、さまざまな疾病の病態、診断、検査、治療について要点を理解し、看護援助に活用します。

3年次

高齢者看護から小児看護まで、看護の基礎を習得する

3年次では、成人看護、老年看護、小児看護、精神看護、母性看護、在宅看護と、領域ごとに看護の基礎を学ぶ「専門教育科目」の講義・演習・実習を通して、専門的知識を深め、最終学年における統合化に向けて準備することを目的としています。

学生からのメッセージ

実習で命の重み、看護の奥深さを学びました
2年次を振り返ると、初めて経験した実習が大きな経験でした。先生にアドバイスを受けて、疾患と関連させながら援助計画を立てることを重視して取り組みました。医療の厳しさを実感するとともに、命の重みや人と関わり合う看護の奥深さを学びました。1〜2年次の基礎科目がすべての土台とあらためて感じます。大学では講義の進度も早いため、予習復習を欠かさず、努力を怠らない姿勢が必要です。3年次では専門科目をさらに深めること、国家試験に向けて基礎固めをすることが重要と感じています。

横山 裕香さん

保健医療学部
看護学科 3年
横山 裕香 さん
(北海高校出身)

Timetable
3年次時間割(例)

3年次時間割(予定)

※3年次後期に各実習(計360時間)

老年看護援助論Ⅱ

健康障がいのある高齢者の身体的・心理的アセスメントを行い、高齢者と家族が望む看護援助を実践するプロセスを学びます。

小児看護学概論

家族を含む小児の成長、発達、健康の保持・増進、回復に必要な知識、技術、態度の基礎的能力を学びます。

実習

成人看護学実習Ⅰ、老年看護学実習Ⅰ、精神看護学実習

4年次

看護師としての巣立ちをひかえ、これまでの学びを統合する

4年次では、3年次までの学修に加え、チーム医療の一員となって行う実務に近い専門領域の実習で看護の領域の質を高める看護と広がりを学ぶとともに、国家試験に臨む準備と今後の目標や自己課題を明らかにします。

学生からのメッセージ

頑張ってきた仲間と切磋琢磨しながら成長できたと思います
大学では学年が上がるにつれて専門性が求められるようになります。3年次の実習では、基礎があっての専門性であり、今までの学修がどれだけ大切か身をもって感じました。わからないことはそのままにせず、先生方に相談すると一緒に考えてくれました。今まで一緒に頑張ってきた仲間と、つまずいたこと、困ったことについて意見を出し合い、切磋琢磨しながら成長できたと感じています。さらに実習を通して目指す看護が明確になり、学修意欲が高まっていきました。目標をもって取り組むことで、よりよい学修につながっていくと思います。

浅野 花奈さん

保健医療学部
看護学科 4年
浅野 花奈 さん
(札幌平岸高校出身)

Timetable
4年次時間割(例)

4年次時間割(予定)

※4年次前期に各実習(計540時間)

災害看護

災害医療・災害看護の歴史を通して基礎的知識を学び、災害時における看護の役割と医療チームでの他職種との連携について学びます。

臨床看護技術演習

卒業時に到達が求められている看護技術の中で未習得、または学内演習や臨地実習で経験したが不十分な技術を習得します。

実習

成人看護学実習Ⅱ、老年看護学実習Ⅱ、母性看護学実習、小児看護学実習、在宅看護学実習、統合実習