保健医療学部
看護学科

定員80人

保健医療学部 看護学科

HOME保健医療学部PICK UP科目 > 講義紹介「英語Ⅱ」(ZEFF B.BRICKLIN)

PICK UP科目

講義紹介「英語Ⅱ」(ZEFF B.BRICKLIN)

 1年生の基礎教育科目「英語Ⅱ」について紹介します。真栄キャンパスは、アメリカ出身のZEFF B.BRICKLIN(ゼフ B.ブルックリン)非常勤講師が担当。恵み野キャンパスでは、イギリス出身のDavid Flenner(デイビッド フレナー)非常勤講師が担当しています。
 同講義では、国際公用語として位置づけが高い「英語」を習得することで、多様な患者対応ができることを目指します。そのため本学では、講師には外部からネイティブスピーカーの講師に来ていただき、講義の進行も英語を中心に進めています。
 発音練習・会話によるコミュニケーションを重視する一方、英語を通して自文化について考えるとともに、他文化への理解を深めることも目的としています。

 今回は12月15日(木)1講時目の講義にお邪魔しました。
 前半の時間は、英文の問題文を読み解き、正しい医療単語を選択するクイズ形式。出題と解答がすぐにわかるよう、アクティブラーニング形式でパソコンを使いながら講義を行っていました。グループ毎に正答率が算出され、点数の高いチームにポイントが与えられるようになっています。
 後半の時間は、学生同士で英会話のコミュニケーション練習をしていました。

 同講義担当のゼフ先生は、英会話のコミュニケーション練習の中で「Here!と言葉だけで言っても、それが具体的にどこを指しているのか伝わらない。ボディランゲージで指さす動作も重要」などと話していました。(事務局 小川)

img_6035
講義全体の様子

img_5950%ef%bc%88%e4%bf%ae%e6%ad%a3%ef%bc%89
講師のゼフ先生

img_5939
パソコンを使いながらのアクティブラーニング

img_5946
Quiz「to look at someone or something very carefully, especially to try to discover something」
答えは3人グループの誰か1人の選択肢に出てくる。あなたの選択肢に答えはある?
※解説は記事の一番下

img_5996
英会話の練習をする学生と見守るゼフ先生

 

【クイズの解説】
Quiz「to look at someone or something very carefully, especially to try to discover something」
和訳すると「特に何かを発見しようとするために、とても慎重に誰かや何かを観察する」となります。
写真で見えている選択肢は「tongue 舌」「heartbeat 心拍」「take off (服を)脱ぐ」「wheezing 喘鳴(喘息などでゼーゼーする音)」となり、問題文に合致する答えはありません。ほかのメンバーが正解してくれることを祈りましょう。

なお、答えは「examination 診察」でした。

PICK UP科目一覧へ戻る