お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > リハビリテーション学科3年生 評価実習 実習報告会

リハビリテーション学科

リハビリテーション学科3年生 評価実習 実習報告会

 リハビリテーション学科3年生は、11月26日(月)からの3週間で評価実習が行われました。評価実習とは、病院において対象者の障害評価の理解と、その実践力を身につけることを目的とし行われます。この障害評価を正確に行うことで、対象者の希望する今後の生活に向けてリハビリテーションを行い支援することができます。

 このような障害評価の流れを3年生が実際の医療現場で体験するのは初めてで苦労したと考えられます。そのぶん必死になって患者さんのために考えた問題点や治療プログラムの報告に熱が入り一生懸命に話す姿が印象的でした。また、同じクラスの仲間達が中枢・神経疾患、運動器疾患、内部疾患など様々な症例の発表会が行われたため、自分が体験したことがない患者さんの話を真剣に聞き学ぶ姿、報告会終了後も仲間と勉強する姿も見られ、一回りも二回りも成長した姿を確認することができました。

 一方で、この評価実習でこれから勉強しなければならない学生自身の課題も多く見つけることができました。来年の春からは、8週間の長期実習が始まります。それまでにこの課題を再度見つめ直し、「患者さんのために」という初心を忘れず、次のステップへ進んで欲しいと思います。

(理学療法専攻 坂口 友康)

dscf3214