お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 次の総合臨床実習に向けて

リハビリテーション学科

次の総合臨床実習に向けて

 リハビリテーション学科理学療法専攻の4年生が総合臨床実習から帰ってきました。総合臨床実習は前期後期と二回、8週間ずつ行われます。後期の臨床実習に向けて、現在準備中です。全体での実習報告会も行われますが、ゼミ単位でも行われます。3年生はより詳しく報告を聞くことができ、今後の実習に役立てることができます。
 ここで、数名の学生に臨床実習の感想を聞いて見ました。

M君「自分の、知識不足を痛感しました。しかし、実際に臨床で働いている理学療法士に沢山指導してもらいました。もっと勉強して後期の実習では患者さんの為にがんばりたいと思います。」

W君「いかに患者さんの背景を把握できているか、その患者にどのような事が必要かというのを考え、優先順位(問題点)を考えつつ、治療プログラム立案をしないといけないと思った。また、経過をおっての治療プログラムの切り替えなどをしていかないといけないと思った。」

S君「患者さんの自宅での生活のイメージが不十分だった、患者さんの表情をもっとみて検査をすればよかった。」

N君「安全に理学療法を進めるためには、リスク管理が重要であると改めて感じた。また、知識不足も痛感したため、次回の実習にむけて、知識の補充もより多く行う必要があると思った。」

 反省する声も多く聞かれましたが、次回の実習に向けて「がんばろう」という意気込みをかんじました。患者さんの為に全力でがんばってきて欲しいと思います。

理学療法専攻 新開谷

img_20180719_133332