お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 授業紹介(地域作業療法学)

リハビリテーション学科

授業紹介(地域作業療法学)

我が国は諸外国に例を見ないほどの早さで高齢化が進行しています。このような状況の中、厚生労働省においては「2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進」しています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

さらに、厚生労働省は「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。」と目標を示されています。

 本学の地域作業療法学(担当教員:杉本先生)においても、地域包括ケアシステムの一員を担う作業療法士を育成するために、高齢者の暮らしや生活について考える授業を行っています。学生達が今まで生活してきた背景の中で、どのような高齢者がどのような生活をしており、どこに困りごとが生じる可能性があるのかについて考えます。写真は、モデルの事例を考え、模造紙に書き込んでいる様子です。

グループワークの様子
グループワークの様子
模造紙に書いています
模造紙に書いています

 

(作業療法学専攻 合田央志)