お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 授業紹介(生理学演習-誘発筋電図・反応時間)

リハビリテーション学科

授業紹介(生理学演習-誘発筋電図・反応時間)

リハビリテーション学科の2年生は、1年生の「生理学」の講義で学んだ知識をより深く理解し興味をもってもらうために、演習授業を行っています。演習項目は、①肺気量、②血圧、③心電図、④誘発筋電図・反応時間、⑤二点識別閾値の5つです。

以下の写真は、④誘発筋電図・反応時間の項目で、神経に電気刺激を与え、その刺激が神経の中を伝わる速さ(伝導速度)を求める演習を行っている場面です。とても真剣ですね。電気刺激により、指が勝手に動くことに、みんな驚いています。

生理現象を体感することでヒトの身体の仕組みの理解を深め、必ずしも教科書通りでない現象について考えることができます。

誘発筋電図の演習を行なっている様子
誘発筋電図の演習を行なっている様子

(理学療法学専攻 矢口 智恵)