お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 授業紹介(理学療法評価学演習、作業療法評価学演習)

リハビリテーション学科

授業紹介(理学療法評価学演習、作業療法評価学演習)

理学療法学専攻、作業療法学専攻共に2年生では評価学演習という科目を学びます。ここでは病気や障害を持たれた方の検査の方法について学びます。その一例が反射の検査になります。脳血管障害を伴った方に対して、理学療法士や作業療法士は打腱器を用いた検査を行います。授業では、反射のメカニズムの講義の後、腱の触診の仕方や叩き方について学びます。

 検査ができた後には、相手に説明する言葉も練習したりします。学生は時間外に練習をしています。

腱反射を診る打腱器
腱反射を診る打腱器

 

(作業療法学専攻 合田央志)