お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 作業療法学専攻の教員が高校訪問をします。

リハビリテーション学科

作業療法学専攻の教員が高校訪問をします。

 高校生や保護者様にとって「リハビリ」という言葉はなじみのある言葉であると思います。しかし、作業療法となると、まだまだ知られていない現状があります。一昨年までは、広報を専門とする事務職員が高校の進路担当の先生方に作業療法の説明を行ってきました。昨年度より、作業療法士の資格を有している教員が作業療法の魅力や可能性を伝えさせてもらおうということになりました。昨年度は、日本福祉リハビリテーション学院(専門学校)が日本医療大学(大学)に改組したことや、北海道の作業療法士の出身校は日本福祉リハビリテーション学院が最も多いことを伝えさせていただきました。

(リーフレットはこちらからhttp://www.nihoniryo-c.ac.jp/news/2018/05/01/6793/

 今年度も引き続き作業療法学専攻の教員は高校訪問をさせていただきます。是非、本学作業療法学専攻について知っていただきたいと思いますし、高校生の現状についても教えていただきたいと思っています。 

 (作業療法学専攻 合田央志)