お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 理学療法学専攻の「1年生を測ろう」& 「4年生に測られよう」が行われました。

リハビリテーション学科

理学療法学専攻の「1年生を測ろう」& 「4年生に測られよう」が行われました。

 この時期、恒例になっている「1年生を測ろう」&「4年生に測られよう」。4年生は5月の連休明けから長期臨床実習(8週間×2施設)が予定されています。入学して間もない1年生を対象に、実習で行うであろう理学療法の検査・測定などを行い、総復習しました。1年生は専門的な科目はまだ未履修ですから、検査体験の後、4年生からその目的や注意点などを聞きながら、将来学修するさまざまなことを感じながら、交流も深めました。白衣姿の先輩を前に、今までとは違った緊張感の中、始まったばかりの理学療法士への道を感じることができたのではと思います。4年生は、実習前の準備に追われる中、あらためて自らの検査手技や態度などを省みて、充実した臨床実習を送れるように入念に準備をしてもらいたいものです。

 毎年の恒例行事ではありますが、4年生の担任としては、3年前の入学時とは全く立場が逆転して、さらには来年の今頃は卒業して働いている姿を想像しなければならない時期になりました。4年間という学生生活も、あっという間に終わってしまうことに焦りを感じながら、教え子たちの頼もしい姿にちょっとだけ嬉しくも思える時間でした。

「1年生を測ろう」&「4年生に測られよう」の様子
「1年生を測ろう」&「4年生に測られよう」の様子
「1年生を測ろう」&「4年生に測られよう」の様子
「1年生を測ろう」&「4年生に測られよう」の様子
「1年生を測ろう」の様子
「1年生を測ろう」の様子

 

(理学療法学専攻 石橋晃仁)