お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > CBRの活動を紹介します

リハビリテーション学科

CBRの活動を紹介します

私達、CBRサークルは国際協力をテーマに活動しています。その活動の一つとして、毎年札幌の地下歩行空間で行われる「北海道国際協力フェスタ」の実行委員をサークルが設立された2016年度から担っています。

 このフェスタは北海道NGOネットワーク協議会が主催するイベントで国際協力に関わる道内のNGOや団体が集まり、一般市民の方に国際協力とは何かを啓発するために毎年行われ、2017年に20周年を迎えました。2017年の来場者は約2000人、出展団体は約30団体の大きなイベントです。

 12月に行われるフェスタに向け、約半年前より実行委員で話し合いを重ねてきました。実行委員は北海道NGOネットワーク協議会の方を中心にJICA(独立行政法人国際協力機構)の方などの社会人に加え、札幌近郊の国際協力に関心のある大学生を合わせた約15人で構成されています。

その中で私達CBRサークルはこの2年間広報担当を任され、主にポスターやリーフレットの作成をしました。

 何もわからなかった当初は「国際協力とはどのようなものなのか、私達に何ができるのか」と疑問ばかりでした。また、大人と関わる中で慣れない作業が多く、戸惑いました。しかし、この活動が終わったとき、本当に感謝の気持ちで一杯でした。様々な人との出会いがあり、自分自身の視野が広がり他大学の学生とのネットワークも形成することができました。同じ学生が国際協力について考え、行動する姿を見て刺激を受けました。国際協力について何ができるのかと考えたとき、まずは知ることが大切であると思いました。

将来、理学療法士を目指す者として、今何をすべきか考え、行動し、様々な角度から物事を捉える力をこのサークル活動で養っていきたいです。

CBRの活動の様子
CBRの活動の様子

 

リハビリテーション学科 理学療法学専攻 1年

伊澤 琉奈

顧問 理学療法学専攻 木原 由里子