お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > “動き出しは当事者から”

リハビリテーション学科

“動き出しは当事者から”

10年来私が提唱し取り組んでいる、他者と関わることの基本について、雑誌「おはよう21」10月号巻頭カラーで紹介していただきました。患者さん、利用者さんのご協力の下、理論と実践を一体としたケアを目指し、これまで多くの病院、施設で様々な職種の方たちと研鑽してきました。

 今年度からは本学の母体であるノテ福祉会の各施設、事業所でも「気づきの介護」として取り入れ、日々のケアに活かしていただいています。掲載の記事をお読みいただき多くの皆様に関心を持っていただければと思います。 

PDFはこちらから

(作業療法学専攻 大堀具視)