お知らせ一覧

HOMEお知らせ一覧 > 生涯学習講座「長生きのための呼吸リハビリ」を開催しました。

生涯学習講座「長生きのための呼吸リハビリ」を開催しました。

 アンデルセン倶楽部は3月25日(土)、日本医療大学 主催 生涯学習講座「長生きのための呼吸リハビリ」を月寒公民館で開催しました。講師は本学 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 髙橋光彦 教授。講座では呼吸リハビリについて説明する一方、呼吸器系の病状や呼吸の方法について実践を交えて説明していました。

 講演では、呼吸でリハビリテーションと聞くと馴染みがないと思うが、理学療法士が関わることもあると説明し、呼吸器疾患の症状や呼吸をサポートする方法を実践例を交えて紹介しました。

 髙橋教授は「運動した後に呼吸が速くなることがあるが、普段から速く呼吸をしていればよいかというと、そういうことではない。深くゆっくりと呼吸することで、速く浅い呼吸よりも多くの酸素を取り込むことができる」と指摘。つづけて、「歩いているときなどで息があがってしまったら、壁などによりかかり、上体を少しうつむくことで腹筋が緩み、呼吸が楽になる。もし、そういう場面があったら実践してみてください」などと、日常でできる具体的な改善方法まで紹介していました。(事務局 小川)

img_8683講座の様子①

img_8711講師:日本医療大学 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 髙橋光彦 教授

img_8700講座の様子②~喫煙が呼吸に及ぼす影響について~

img_8717講座の様子③