日本医療大学介護研修事業介護技術インストラクター養成研修

介護研修事業

介護技術インストラクター養成研修

基本の”基”―
「なぜこの方にこの介護をしたか!」
その根拠を明確に説明できる人材を育成

皆さんの介護現場でこのような悩みはありませんか?
  • 不自然な姿勢や技術で身体を痛めている職員がいる
  • 現場のリーダークラスが職員を十分に教育できる体制がない。
  • 自分ではできても、理論的に部下に教えることができていない。
  • 介護時と部下の指導の両面で必要とされるコミュニケーション技術が不足している。
修了者からの声
  • ボディメカニクスの基本原理は理解していたつもりでしたができていなかったことに気が付き、基本となる姿勢と、重心線を意識できるようになった。
  • ベッド上で上半身を拳上している利用者が、不快な表情をしていたので背抜きを行った。「背中のかゆいのがなくなった!!」と何度も言って、すぐに眠りについた。(認知症のご利用者)

研修の概要

研修のねらい
《三本柱》
  • すべての介護行為を、根拠を持ち実践できる。
  • 基本となる介護知識を持つ。
  • 介護行為を理論に基づいて部下に指導できる。
研修の目標
  • 介護行為の根拠を言語化できる。
  • 心と身体の仕組みを生かした介護技術が提供できる。
  • 利用者の意向と状態の変化に対応した介護を考え実践できる。
受講対象者
  • 介護現場のリーダーとして部下を指導する立場にある方
  • 今後、介護現場のリーダーとして活躍が期待されている方
プログラム特色
  • 3ヵ月で8日間(2日間ずつ4回)のプログラムを実施します。
  • 講義+演習・実技で構成され、講義で学んだことを、その日に実践し学びを積み重ねます。
  • 学んだことを職場に持ち帰り実践し、その結果をを3日目、5日目、7日目に報告します。
受講料

148,000円 ◇教材、認定試験受験料、消費税込み

この研修は、国の助成金の対象になります。詳しくはお問い合わせ下さい。
助成金申請手続についてはレクチャーさせていただきます。

開催場所 学校法人 日本医療大学 生涯学習センター(旧 専門学校 日本福祉学院)
〒062-0022 北海道札幌市豊平区月寒西2条5丁目1番2号※駐車場はありません。
お近くの有料駐車場か、公共交通機関をご利用ください。
■学校開催日程(平成28年度)
コース名 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目
1コース 5/15(月) 5/16(火) 6/15(木) 6/16(金) 7/13(木) 7/14(金) 8/9(水) 8/10(木)
2コース 9/14(木) 9/15(金) 10/5(木) 10/6(金) 11/9(木) 11/10(金) 12/25(月) 12/26(火)
3コース 11/13(月) 11/14(火) 12/11(月) 12/12(火) 1/15(月) 1/16(火) 2/15(木) 2/16(金)
4コース 2/19(月) 2/20(火) 3/13(火) 3/14(水) 4/16(月) 4/17(火) 5/14(月) 5/15(火)
■施設現地開催

札幌市外については施設をお借りして現地開催もご相談に応じます。

■介護技術インストラクター認定資格

最終日には、一般財団法人つしま医療福祉研究財団の『介護技術インストラクター認定試験』を実施します。 合格者は、「介護技術インストラクター」として認定され認定証が付与されます。

日程及び会場 本研修の最終日に同一会場にて
試験内容 総合評価課題の
ポイントを整理し、実技
合格基準 評価項目のうち7割以上
介護技術インストラクター養成研修を法人でお考えの方は、厚生労働省の助成金が対象となります。
受講料が研修修了後給付されるシステムですので、一度ご検討ください。
詳しくは、厚生労働省のHPをご参照ください。

お問い合わせ・申込先

学校法人 日本医療大学
生涯学習センター

〒062-0022 北海道札幌市豊平区月寒西2条5丁目1番2号

担当:岡田 MAIL:m_okada@nihoniryo-c.ac.jp

TEL:011-827-7217 FAX:011-827-7062

申込書PDF

介護研修事業TOPへ戻る


ページの先頭へ戻る