入試情報

入試情報

HOME入試情報 > 奨学金・教育ローン

奨学金・教育ローン

[日本医療大学 特待生制度]
対象 一般入試および大学入試センター試験利用入試において合格した者の中から、優秀な成績をもって本学に入学する者
人数 各学科若干名
給付金額 授業料の2分の1相当額 ※返済義務なし
給付期間 入学後1年間
給付方法 前期および後期に分割し給付する
※後期の給付金については、前期の学業成績により給付しないことがある
他との併用 併用可能
[日本学生支援機構奨学金]
種類 第一種奨学金(無利子貸与) 第二種奨学金(有利子貸与)
貸与金額 月額30,000円または、
自宅通学者  
月額 54,000円
自宅外通学者 
月額 64,000円
下記の5種類の中から希望額を選択。
月額30,000円、50,000円、80,000円、
100,000円、120,000円
利息 無利子 有利子
(年率3%を上限。在学中および返還期限猶予期間は無利息)
貸与期間 修業年限の終期まで
選考 特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者に貸与 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与
募集時期 新入生対象の募集は4月中旬頃
返還 貸与の終了した月の翌月から起算して6ヵ月を経過した後、20年以内に返還。返還回数は貸与金額によって異なる
他との併用 併用可能
[日本政策金融公庫 教育ローン]
融資限度額 学生1人につき350万円以内
貸付対象者 世帯の年間収入(配偶者等の収入含む)が以下の表の金額以内の方
子どもの人数 ※1 世帯の年間収入(所得)の上限額
(カッコ内は事業所得者)
1人 790万円
(590万円)

990万円
(770万円)
※2
990万円(770万円)※2
2人 890万円
(680万円)

990万円
(770万円)
※2
3人 990万円
(770万円)
4人 1,090万円
(860万円)
5人 1,190万円
(960万円)

※1 子どもの人数とは、扶養している子どもすべての人数。年齢・就学の有無は問わない
※2 一定条件を満たせば、世帯年間収入が記載金額まで可

返済期間 15年以内
(交通遺児家庭、母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の場合、18年以内)
元金据置期間 在学期間内
※在学期間内は利息のみの返済  
※元金据置期間は返済期間に含まれる
利率 年1.81%(平成29年6月1日現在)
※母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内は年1.41%(平成29年6月1日現在)
※利率は金融情勢によって変動するため、借入金利(固定)利率とは異なる場合あり
他との併用 併用可能
[社会福祉法人北海道社会福祉協議会 教育支援資金]
種類 教育支援費 就学支度費
貸与金額 月額65,000円以内 50万円以内
利息 無利子
貸与期間 在学期間中
対象 低所得世帯
返還 20年以内(貸付額により期間の目安あり)
※卒業後6カ月以内は返還を据え置くことができる
他との併用 併用可能

※申請する前に事前相談が必要。詳細は社会福祉法人 北海道社会福祉協議会まで

[高等職業訓練促進給付金等事業]
支給金額 高等職業訓練促進給付金 市町村民税非課税世帯:月額100,000円、市町村民税課税世帯:月額70,500円
高等職業訓練修了支援給付金 市町村民税非課税世帯:50,000円、市町村民税課税世帯:25,000円
支給期間 上限3年間
給付対象者
母子家庭の母または父子家庭の父で次の要件をすべて満たす者
  1. (1) 児童扶養手当受給者または同様の所得の水準にあること
  2. (2) 養成機関2年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる者であること
  3. (3) 就業または育児と修業の両立が困難であると認められる者であること 等
対象資格 診療放射線技師、看護師、作業療法士、理学療法士 等
他との併用 併用可能

※申請する前に事前相談が必要。詳細は在住する市(町村在住の場合は都道府県)の子育て支援課等までお問い合わせください。

[北海道看護職員養成修学資金]
(※看護学科のみ)

【一般修学資金】

貸与金額 貸与月額32,000円
貸与期間 在学期間中
目的 北海道における看護職員の充足を図るため、将来道内において看護業務に従事しようとする看護師養成施設等の学生に対し、その修学に必要な資金を貸付し、優秀な看護職員を育成することを目的とする
貸付対象者 看護師養成施設に在学している者で、将来道内において看護業務に従事しようとする者
募集時期 4~5月
返還の免除 次のいずれかの道内の特定施設等において、看護業務に引き続き5年以上就業すること
①病床200床未満の病院  
②精神病床数は80%以上を占める病院  
③診療所  
④医療型障害児入所施設
⑤指定の国立病院  
⑥療養介護医療を提供する施設  
⑦介護老人保健施設
返還期間 貸付を受けた期間に相当する期間以内
他との併用 併用可能

【特別修学資金】

貸与金額 貸与月額18,000円
貸与期間 在学期間中
目的 北海道における看護職員の充足を図るため、将来道内において看護業務に従事しようとする看護師養成施設等の学生に対し、その修学に必要な資金を貸付し、優秀な看護職員を育成することを目的とする
貸付対象者 看護師養成施設に在学している者で、将来特定病院において看護師業務に従事しようとする者
募集時期 4~5月
返還の免除 次の特定病院に、看護業務に引き続き5年以上就業すること
①道立江差病院  
②道立羽幌病院  
③倶知安厚生病院  
④遠軽厚生病院  
⑤浦河赤十字病院  
⑥町立中標津病院
返還期間 貸付を受けた期間に相当する期間以内
他との併用 併用可能
[備考]
上記の奨学金等については予定のため、変更になる場合があります。
[その他]
上記のほか、地方自治体や各種団体の奨学金、銀行等の教育ローンがあります。
各自で在住の都道府県や市町村の教育委員会、銀行等にお問い合わせください。

学生の声【特待生制度】

期待に応え、立派な診療放射線技師に
なった姿を見せたい

幼い頃は病弱で病院に行く機会が多かったことから、医療に関わる仕事にあこがれていました。本学を志望したのは専門学校時代の実績と実習設備が充実していたからです。大学と高校が違うところは選択科目を自ら選んで学ぶところ。先生方がわかりやすく講義してくださり、勉学に集中しやすい環境だと思います。クラスメートと交流する場も多く設けられていますから、大学生活にすぐなじめました。今、学費サポートをいただいていますが、大学の期待に応えて国家試験に合格し、立派な診療放射線技師になった姿を先生に見せたいです。本学のように医療と福祉の現場と教育が一体となった大学は少ないと思います。医療に携わりたい、興味がある、という方は一度オープンキャンパスに来て、日本医療大学を知ってください。

荒川 馨大さん 保健医療学部 診療放射線学科 1年
(苫小牧東高校出身)
荒川 馨大さん