大学案内
日本医療大学で学べること 日本医療大学で学べること

大学案内

HOME大学案内日本医療大学で学べること > 診療放射線技師

診療放射線技師

診療放射線技師とは?

診療放射線技師とは厚生労働大臣の免許を受けた国家資格で、医師または歯科医師の指示のもとに、X線撮影など放射線を人体に対して照射する専門医療技術者です。高度化が進む医療の中で、放射線は、医療の現場のさまざまな検査、治療に使用されています。診療放射線技師は医師、歯科医師を除けば、病院や診療所で放射線を使った検査や治療に携わることができる唯一の職業です。主にX線撮影検査、放射性医薬品を用いた核医学検査、高エネルギー放射線による放射線治療などを行います。

診療放射線技師が行う
主な検査と治療

  • X線撮影検査
    一般的にいうレントゲン写真のことで、X線を使用して、胸部・手足などの骨の写真を撮影します。「特殊X線撮影検査」は乳房や歯、骨密度など特殊な部位を専用の装置を使用して行う検査です。
  • CT検査
    CTとは、Computed Tomographyの略でコンピュータを使った断層画像という意味です。360°の方向からX線を照射することで、コンピュータで人体の「輪切り」のような画像を作ります。撮影画像から、3D画像を作ることも可能です。
  • MRI検査
    磁石に電波の力を利用し、X線撮影検査では得にくい情報を画像化する検査で、放射線被ばくのない画期的な検査方法です。脳や脊髄に有効で脳梗塞の診断に欠かせない検査です。
  • 放射線治療
    治療計画にもとづき高エネルギー放射線を照射し、がん細胞を死滅させる治療です。近年、コンピュータの発達によるハイテク治療機器の登場により、精密かつ安全で後遺症の少ない治療が可能になっています。
  • 核医学検査
    「放射性医薬品」を体内に投与して、ガンマカメラで薬の体内分布の様子を画像化します。全身の骨の異常やがんの転移、アルツハイマー病などの痴呆の早期診断が可能です。
  • 超音波検査
    耳で聞こえるよりも周波数の高い超音波を用いて、体内を観察する検査です。放射線被ばくの心配がなく子どもや妊婦のお腹の中の胎児を調べるのにも使われています。
  • マンモグラフィー検査
    乳房専用のX線検査です。早期の乳がんの発見に非常に優れており、乳房に異常のある患者さんに対して必ず行う検査のひとつ。放射線を使いますが、被ばく量はごくわずかです。
  • リニアック(放射線治療装置)
    リニアック(放射線治療装置)
  • リニアックの操作機器
    リニアックの操作機器
  • X線CT装置(コンピュータ断層装置)
    X線CT装置(コンピュータ断層装置)

現場からのメッセージ

患者さんとのコミュニケーション、
医療チームとの輪を大切に

近年、診療放射線の分野はデジタル化が進み、機器が高性能になればなるほど、診療放射線技師にも高い知識や技術が求められるようになってきました。しかし、何よりも一番に考えなければいけないのは、知識や技術が患者さんにとって利益のあるものであるかということです。私たちは患者さんと直接関わりあう仕事ですから、患者さんとよりよいコミュニケーションを取ることで検査や治療の質を高めることがとても大切です。また、診療放射線技師は自分を医療チームの一員として考え、行動することも求められます。授業で学ぶ物理や数学は、現場では患者さんの健康に関わる重要な知のベース。実際にその知識を生かす場面を想像しながら学ぶことで、知識をより深く自分のものにしてください。

藤田 勝久さん 国立大学法人
北海道大学病院
医療技術部 放射線部門 放射線技師長
放射線治療専門放射線技師
医学物理士 放射線治療品質管理士
藤田 勝久さん