大学概要
日本医療大学で学べること 日本医療大学で学べること

大学概要

HOME大学概要 > 日本医療大学で学べること:理学療法士

理学療法士

理学療法士とは?

理学療法士は、医師の指示のもと、病気や事故などで身体に障がいを抱える方や、身体機能が衰えた高齢者の運動能力の回復を援助します。働く施設の特色によって細かく異なりますが、リハビリテーションの中で運動療法や物理療法を取り入れていき、効果的に機能を引き出したり、回復させることを目指します。体に関する構造について深く学び、個々人に合ったリハビリテーションの内容を考えていくことが理学療法士には必要です。英語で「physical therapist」と言うことから、略して「PT」とも呼ばれます。

理学療法士の仕事内容(一例)

  • 急性期病院・クリニック
    での仕事内容
    病気や怪我の原因とそのリスクを把握する「リスク管理」の情報をもとに、個々人に合った「機能回復」へ向けたリハビリテーションを行います。リハビリテーションだけでなく医学的な知識も重要になってきます。
  • 回復期リハビリテーション病院
    での仕事内容
    実践的かつ日常生活に即したリハビリテーションが必要となるため、利用者の身体機能の向上を目指した訓練や指導を重ねます。家族との関係性や生活スタイルを詳しく把握し、自宅復帰するのに必要な動作練習を行います。
  • 高齢者施設での仕事内容
    高齢者施設のリハビリテーションは「機能維持」が主な目的です。加齢に伴う身体的な衰えをゆるやかにするために楽しみながらできる運動やレクを考え、運動の習慣づけや病気や怪我の予防、精神活動の賦活を図ります。
  • 訪問リハビリテーション
    での主な仕事内容
    要介護認定を受けた利用者の自宅に訪問してリハビリテーションを行います。自宅や周辺環境で行うことで、より日常生活に即した動作練習ができます。利用者の家族に介助方法や介護用品利用の指導・提案を行うのも重要な任務です。
  • 児童福祉施設・身体障がい者施設
    での仕事内容
    児童福祉施設では脳性麻痺など障がいをもった子どもに対し、発達プロセスや反射反応などを意識しながら、障がいによる二次的な機能障害の予防や改善などを行います。身体障がい者施設では、身体機能的リハビリテーション、社会参加や就業などを意識した包括的なリハビリテーションの提供が求められます。
  • 術後の筋力トレーニング
    術後の筋力トレーニング
  • リハビリテーション室
    リハビリテーション室
  • テーピング
    テーピング

現場からのメッセージ

病院の外側へも活動の場を広げ、
新しい可能性を創出できます

当院はスポーツ整形外科分野に力を入れています。というのも、現代の理学療法士は、高齢者や術後の患者さんなど運動機能が低下した人々を対象にするのはもとより、一生を通じてアクティブに過ごしたいという幅広い年齢層を対象にし、その要望をかなえるための高度な知識や技術が求められているからです。特に現役で活躍するスポーツ選手などのケアを行うためには、スポーツの現場に赴き、選手の活動に基づいた理学療法の計画を立てなければいけません。知識の幅を広げるとともに深めていくこと、次々とアップデートされる外科手術への対応など、常に学びの姿勢が求められます。しかし、新しいことだけではなく、ゆるぎない学びの基礎も理学療法士には不可欠です。大学では頭を柔軟に、しっかりとした知識と対応力を身に付けてください。

山本 泰雄さん 社会医療法人仁陽会 西岡第一病院
リハビリテーション部長 理学療法士
日本体育協会公認 アスレティックトレーナー
山本 泰雄さん