大学案内
日本医療大学で学べること 日本医療大学で学べること

大学案内

HOME大学案内日本医療大学で学べること > 作業療法士

作業療法士

作業療法士とは?

作業療法士が関わるのは、病気やけが、生まれながらに障がいのある方、年齢に関係なく、日常生活に支援の必要なすべての人です。自立して生活できるように運動機能や精神機能などの基本能力、着替えや料理、入浴などの日常生活動作の改善を支援するとともに、社会生活適応能力の回復にも努めます。また、認知症の高齢者の症状を改善する役割の中心を担うなど、超高齢社会を迎えた日本において作業療法士の存在は欠かせません。英語で「Occupational Therapist」と言うことから、略して「OT」とも呼ばれます。

作業療法士の仕事内容(一例)

  • 高齢者施設での仕事内容
    加齢に伴って、将来低下していくと予想される機能への予防的なアプローチや、今できていることを維持するための機能訓練、楽しみとしての作業活動の提供などを行います。機能訓練だけでなく、代理的な方法の提案も行える知識と技術、経験が必要となります。
  • 訪問リハビリテーション事業所
    での仕事内容
    加齢や病気、怪我などで心身に障がいを負いながらも在宅で生活している方のお宅に訪問してリハビリテーションを行います。疾患は多岐にわたるため、各疾患の基礎知識、利用者の体調の変化に気づける観察力が必要です。
  • 一般病院・リハビリテーション病院
    での仕事内容
    在宅での生活が目標となるため、基本的な動作の訓練、日常生活動作の訓練、家事動作の獲得などのリハビリテーションが中心となります。理学療法、言語療法と並行することが多く、作業療法士としての高い専門性と技術力、常に新しい知識や情報を得ようとする向上心が求められます。
  • 精神病院・メンタルクリニック・精神障害者施設での主な仕事内容
    手工芸やスポーツ、レクリエーションなどの作業活動を通して、日常生活や社会生活への適応を促します。作業・レクリエーションの企画力、周囲に目を配りながらも患者さんの心に寄り添う技量が必要となります。
  • 身体障がい関連施設での仕事内容
    日常生活にプラスして仕事や余暇活動の充実を図りたい方も対象となるため、機能訓練、日常生活動作訓練だけでなく、就労や就学、外出に必要な機能の訓練や情報提供、相談なども行います。
  • 発達障がい関連施設
    での主な仕事内容
    身体的、知的に発達障がいのある子どもに対して、心身の発達を促すための機能訓練や身辺動作を習得するための訓練などを、遊びや創作活動、おもちゃを介したやり取りの中で行っていきます。
  • 食事の支度をトレーニング
    食事の支度をトレーニング
  • 洗顔のトレーニング
    洗顔のトレーニング
  • 高齢者施設のリハビリテーション室
    高齢者施設のリハビリテーション室

現場からのメッセージ

人の暮らしと、
人生に関わる仕事です

私が勤務している介護老人保健施設は、介護を必要とする高齢者に対して、医療・ケア・リハビリテーションを行い、自立を支援、家庭復帰を目指すための在宅ケアの拠点として貢献しています。私たち作業療法士は、その人らしい生活が作業を通じて実現できるように支援するのが仕事。人の暮らしに関わるということは、人生にも関わるということです。重大な責任がありますが、たとえ苦労したとしても、一緒に考え、取り組み、望む生活をかなえることができたときの喜びはひとしおです。そのためには、常に「学習」が必要です。それは、日々進歩する専門的知識、技術の補完だけではなく、人との関わり、絆、人生経験も含まれます。人生の先輩でもある高齢者の方々や仕事を通じた様々な出会いと関わりが、更に自分の成長にもつながっていくでしょう。

新岡 美樹さん 社会福祉法人ノテ福祉会
ノテ地域包括ケアセンター
介護老人保健施設 げんきのでる里
リハビリテーション室課長 作業療法士
新岡 美樹さん