大学案内
沿革

大学案内

HOME大学案内 > 沿革

学校法人 日本医療大学の沿革

1989年4月
  • 日本福祉学院(厚生省介護福祉士養成施設指定) 開校
  • 総合福祉科(現 介護福祉学科) 開設
1990年4月
  • 専門学校日本福祉学院に名称変更(専修学校認可)
1992年4月
  • 専門学校日本福祉学院
  • 総合ソーシャルワーカー科 開設
1993年4月
  • 学校法人つしま記念学園設立(社会福祉法人札幌栄寿会から分離独立)
1994年4月
  • 専門学校日本福祉学院
  • 社会福祉士通信課程 開設
1995年4月
  • 専門学校日本福祉リハビリテーション学院 開校
  • 理学療法学科 開設
  • 作業療法学科 開設
1996年4月
  • 専門学校日本福祉看護学院 開校
  • 看護学科 開設
2003年4月
  • 専門学校日本福祉学院
  • 精神保健福祉士短期通信科 開設
  • 社会福祉士科(夜間) 開設
2004年4月
  • 専門学校日本福祉リハビリテーション学院
  • 診療放射線学科 開設
2006年4月
  • 専門学校日本福祉リハビリテーション学院
  • 言語聴覚学科 開設
2009年4月
  • 専門学校日本福祉看護学院看護学科と
    専門学校日本福祉リハビリテーション学院診療放射線学科が統合
  • 専門学校日本福祉看護・診療放射線学院 開校
  • 専門学校日本福祉学院
  • 精神保健福祉士一般通信科 開設
  • 社会福祉士科(1年・通学) 開設
2013年11月
  • 学校法人日本医療大学(法人名変更)
2014年4月
  • 日本医療大学 開学
  • 保健医療学部 看護学科 設置
2015年4月
  • 日本医療大学
  • 保健医療学部 リハビリテーション学科 設置
2016年4月
  • 日本医療大学
  • 保健医療学部 診療放射線学科 設置
2016年10月
  • 学校法人 日本医療大学 生涯学習センター 設置
2017年4月
  • 日本医療大学キャリア学修支援センター 設置

学校法人 日本医療大学の理念

現場と一体の教育を実現しています

学校法人日本医療大学の歩みは、1984年に札幌の月寒に開設した特別養護老人ホーム「幸栄の里」に始まります。
「幸栄の里」では、デンマークから学んだノーマライゼーションを日本で実践するために、
入所の方々だけでなく在宅の方々へのサービスも初めて事業化し、展開しました。在宅介護サービス実現の先駆けです。
こうした事業を展開して行く中、医療と福祉の高度な人材育成の必要性を痛感し、1989年、「幸栄の里」の隣に日本福祉学院を開校。
これが日本医療大学の第一歩です。
また全国的にも珍しい各種医療・福祉施設が複合したコミュニティー「アンデルセン福祉村」を開村。
わが国有数の医療・福祉グループ「つしま医療福祉グループ」が完成しました。
その一員である学校法人だからできる、現場と一体の教育を実現しています。